格安SIM

U-mobileの魅力と評判、概要に迫ってみよう

では早速U-mobileに関して深堀していきましょう。

U-mobileの概要と評判を下記にまとめていきます。

U-mobileとは

U-mobileは一言でいうとマルチなMVNOと言えます。

マルチなMVNOとなりますので当然ながらエリアも通話機能も容量もとにかく多彩なバリエーションで個々にあったプランを選べます。

選択肢豊富なだけではなくカスタマーサポートも充実しています。

サポートセンターにメール若しくは電話で問い合わせることも勿論可能ですし、なんと!訪問設定サービスも展開しています。

※U-mobileのみ適用対象となります。

訪問設定サービスの詳細とサービス利用の流れを見ていきましょう。

このサービスは特に以下の人たちに利用していただきたいと思います。

  1. 申し込み方法がよくわからない
  2. 初期設定を面倒がらず正確にできるか不安
  3. アプリのダウンロードがうまくできない

例えばスマホには非常に興味があるがメカ音痴な部分があり自分一人で始められるのか不安があったりする方は積極的に、このサービスを利用しましょう。

また申し込み方法が良くわからない!という方や初期設定が煩わしい!アプリのダウンロードがうまくできない、ダウンロード方法が判らないという方も訪問サポートサービスを利用しましょう。

勿論無料で利用いただけるサービスとなっていますので安心して利用いただけます。

申し込みの際にオプションの欄にチェックを入れるだけ利用いただけます。

引き続き同じ番号を利用する方新しい番号を発番する方
step1MNP予約番号を取得WEBサイトで必要な項目を入力し申し込み
step2WEBにて必要事項を入力し申し込み電話連絡が入るので、そこで設定日時を決定しましょう。
step3電話連絡が入るので、そこで設定日時を決定しましょう。SIMカード到着
step4SIMカード到着スタッフが訪問し設定
step5スタッフが訪問し設定利用開始
step6利用開始

ステップは以上のようになっています。

難しい事や面倒なことは特にないですので安心してご利用ください。

詳しい事は下記から確認できます。

U-mobileの詳細ページを確認しよう

さて、そんな訪問サービスも受けられるU-mobileの評判に関しても下記に紹介していきますので参考にしてください。

U-mobileに寄せられている評判を見ていこう

実際に使ってみると、良し悪しを感じるポイントが3つあります。

  • 通信速度や制限
  • 設定のしやすさ、難しさ
  • サポート対応

まず、通信速度や制限の部分に関して寄せられた良い口コミ・悪い口コミをまとめていきます。

U-mobileの通信速度に関する口コミ

データ量を気にせずネットを使える魅力的なプランが用意されていたりユーザーにはメリットが多いですね。

多くのユーザーは月に20GB以上使っていたり、Wi-Fiルーター代わりにテザリングしている方が多いようです。

けれど短時間で使いすぎると通信速度が低下して動画は快適には見れない状況に陥ります。

また昼休みなど利用者が集中する時間帯は、どうしても多少は繋がりにくくなるのが現状のようです。

では、まず通信速度に関するユーザーから寄せられた良い口コミから見ていきましょう。

U-mobile通信に関する良い口コミ

正午~13時の時間帯は厳しいけど、それ以外の日中は普通に速いと思う。
Ping40前後でオンラインゲームも問題なく楽しめた
短時間に大量に使いすぎてしまった場合でも100Kbpsは出せるので安心(使いすぎないことに越したことはないけど)
テザリングが途切れたりすることなく使えた
混雑時はWeb検索やLINE・Fecebook等は問題なく使えて不満は特にない

一方で利用していく中で不満を感じたという声もありましたので併せて紹介していきます。

U-mobile通信に関する悪い口コミ

通勤は主に電車ですが電車で移動中につながり難くて困った経験がある
SNSやネット検索・閲覧程度では特に問題ないものの動画など大容量のデータをダウンロードするときは非常に遅く感じる
キャリアのLTEと同様の速度を期待しすぎたのがいけなかったのか思っていた以上に遅くてイライラ

という事で、ここまで通信に関するユーザーの口コミをまとめさせていただきました。

やはり場所・時間の影響が顕著に出て快適に使えない方も居るのが現状ですね。

それでも回線の補強工事なども積極的に行われているようですので今後、改善されていく部分となっています。

続いて下記の設定のしやすさの部分に関しての良い口コミと悪い口コミをまとめていきます。

設定のし易さ、し難さは着目する点ですね。

難しすぎたり工程が多かったり設定や申し込みに時間を要すると面倒にもなりますよね。

U-mobileの設定部分に寄せられる良い口コミ

オンライン契約がすごく簡単にできて、且つ到着も早かったので良かったです。もちろん簡単さも文句なし!SIMフリー端末にSIMカードを入れるだけで済みました。
購入後に公式ページで情報を入力して直ぐに使い始めることができた。開始手続きはネットで簡単に行えた
ホームページからクレジット払いで申し込んだけど迅速に手続きが進みました。SIMカードは3日後に送られてきました。

良い口コミという書き方をすると悪い口コミも惣菜するかのように聞こえてしまうかもしれませんが、この部分に関し悪い口コミは見つけられませんでしたので省かせていただきます。

続いて、長く使い続ける上で利用する機会も増えてくるサポートに関する良い口コミと悪い口コミをまとめていきます。

U-mobileのサポート体制に寄せられた良い口コミ

電話にて問い合わせたのは一度だけですが丁寧に判りやすく対応して頂きました
メールを使って設定に関して質問した所すぐに返信が来て助かりました
マニュアル熟読してもウェブで調べても判らない部分をメールで質問させていただきましたが迅速に返信をいただき解決できました

では併せて数少ない悪い口コミに関しても紹介させていただきます。

U-mobileのサポート体制に寄せられた悪い口コミ

困った事がありメールにて問い合わせました、直ぐに返事をいただいた方も居るようですが自分は1日以上待たされました
たまたま対応した人が悪かったのか係が違うからと、電話を回すのではなく掛けなおしをさせられた!融通が利かなさすぎでしょう

中にはサポート体制に不満を抱く方も居ましたが、多くのユーザーがサポート体制にも満足していますので困った事・判らない事があったらサポートを利用しましょう。

U-mobile、速度は如何ほど?

速度は滅多に動画を見たりする機会がない!という方にとっても相応に重要になってくる部分です。

しっかり把握したうえで検討しましょう。

U-mobileは他社と比べて遅いのか早いのか見ていきましょう。

U-mobileは高速データ通信が無制限に使えるLTE使い放題がありますが、使い放題と言いつつ使いすぎた場合速度制限が発生するので気を付けましょう。

しかし「使いすぎた場合」って言われても、どのラインまでが許容範囲なのか分からなくて使う上で不安になりますよね。

U-mobileでは「使いすぎ」のラインを公表していません。

でも、そもそもU-mobileの「LTE使い放題」って、どんな契約?ってなりますよね。

そこで、まず下記にその概要を解説していきます。

LTE使い放題の概要

LTE使い放題は月額2480円で加入できます。

以下、U-mobileのホームページより抜粋してきます。

※LTE使い放題プランはLTEの利用を保証する物ではありません。

利用者様の通信環境と利用されている端末によってはLTE回線が利用できないケースもあります。

3G 回線で利用される場合も使い放題となります。

といった事を謳っているのですが、この文言を素直に解釈するとLTEに対応した機器なら月額たった2480円でLTEの利用が無制限プランが使えて美味しすぎるプランと都合よく解釈してしまう方が多いと思いますが現実は違うようです。

Q&Aコーナーにもあるのですが「速度の制限はありますか?」という質問に対して公式サイトでは
「各プラン容量上限を超えた場合は速度を200Kbpsに制限させていただきます。

またその他の場合でもネットワークの状況と利用状況を勘案し他のお客様の利用に影響が出た場合
一時的に制限を掛けさせていただくケースもあります。

なお制限の内容は一律ではありません、また※閾値(しきいち)は公表しておりません。

尚、回線が込み合った場合は全てのお客様に対し等しく制限を掛けさせていただく事もあります」

という事です。

※閾値(しきいち)とは簡単に言うと最大の値。限界値または臨界値ともいう。

公表していないのに憶測で適当なことは書けませんのでU-mobileのLTE使い放題に入って使いまくって速度制限になるデータ量を弾き出してみました。

U-mobileのLTE使い放題で使える3日間のデータ量は時期によって変わっています。

このため、ユーザーによって意見が非常に分かれます。

例えば3日間で1GBを超えると速度制限になるという人もいれば、3日間で2.5GBを超えると速度制限になるという人もいますし、いやいや1日で1GBを超えると速度制限になると言う人もいます。

さらに、何か特殊な条件が加わっているようで使っているユーザも混乱をおこしています。

という事で、ある程度長期にわたり計測してみた結果は下記の通りです。

まず2015年7月に初めて計測した時は3日間で2GB以上のデータ通信を行った時、翌日に速度制限がかかり非常に使いにくくなりました。というか使い物にならなかったです。

同年12月にも計測を行った結果3日間で2.35GB超のデータ通信を行った後、速度制限で引っかかってしまいました。

2016年5月、3日間の短時間に1.2GB超のデータ通信で速度制限に引っかかってしまいました。

  • 2015年7月→3日間で2GB超で速度制限
  • 2015年12月→3日間で2.35GB超で速度制限
  • 2016年5月→3日間で1.2GB超で速度制限

続いては、時間帯別の下りの速度についてまとめていきます。

ここではU-mobileの3GプランとU-mobile Sで測定を実施しました。

測定方法としてはスピードテストによる速度と実際にアプリで通信し表示されるまでの速度を計っています。

※測定実施時間は8時12時20時22時です。

実施時間下り速度
8時5.33Mbps
12時2.00Mbps
20時17.70Mbps
22時8.83Mbps

平均すると8.465Mbpsとなります。

これを早いと感じるか遅いと感じるかはユーザーの利用スタイルによっても異なってくると思いますが測定結果として、こういった数値がはじき出されましたので参考にしてください。

参考にした上で、もっと詳しくU-mobileを知りたい方は下記からご確認・契約が可能となっていますのでご利用ください。

U-mobileの詳細ページを確認しよう

U-mobileの使い放題をもう少し深堀

U-mobileのLTE使いたい放題の概要は上記で解説したので省かせていただきますが上記でも解説したように速度制限がかかったり充分な速度が出せない時もあるので、それでは使用していてもストレスになってしまいますので、ここでは速度が遅くなる原因と対策を見ていきましょう。

U-mobile速度でネットで検索を掛けると遅い!という意見を度々目撃します。

速度制限がかかってしまった際は200Kbpsとなってしまったりと、確かに遅く感じてしまうのが現状となっています。

くどくなりますが、一般的には使用量が基準値を超えた場合速度制限がかけられるという認識が浸透していると思いますが「これだけ使ったら制限を掛ける」という明確な基準を公表していません。

使い放題と謳う一方で、一定の基準を超えた時点で制限がかかるので正確にいうと「使い放題」を謳うのはおかしい!というユーザーさんも出てくると思いますが、とにもかくにも速度制限で200Kbps以下になるのは不便!何とかしたい!ってなりますよね。

全ユーザー様が速度制限を掛けられるわけではありませんし回避方法・対策は勿論あります。

決して難しい方法ではないので下記に紹介しますので参考にしてください。

まず、通信が混みあう時間帯や場所を避けるのも良いですね。

混みあう時間帯としては通勤・通学のピークを迎える朝7時~9時と昼休みの時間にあたる省吾~1時間。

更には仕事が終わり帰宅ラッシュにあたる18時以降です。

これ等の時間帯、やはり使いたいし、使わないとならない機会もあるかと思いますが、どうしても必要というわけではないのであればこれ等の時間帯を避けてみるのも方法の一つになります。

或いはポケットWi-Fiや公共の場のWi-Fi・自宅に接続されているWi-Fiを有効活用しましょう。

スターバックス・コンビニ・マクドナルドなどフリーでWi-Fiが使えるお店は意外に多いですよね。

Wi-Fiを使う事で快適にネットを利用できますしU-mobileに於いて速度制限がかかるのを避けることもできます。

ネット検索のみでは、それほど神経質にならなくても大丈夫ですが動画の視聴・アプリのダウンロードなど通信量が膨大になる操作をしようとする時はWi-Fiを利用することをお勧めします。

という事で対策をまとめます。

  • 通信が混みあう時間の利用を避ける
  • Wi-Fiを有効活用する

となりますので、色んな対策を試してみながら快適に利用しましょう。

U-mobileへMNP転入する場合の流れを解説

MNPに関しては再三説明してまいりましたので今回は説明を省かせていただきます。

今回、他社からU-mobileへMNP転入する際の流れを解説します。

U-mobileでは自宅に居ながら簡単に乗り換え手続きが行えます。

自宅に居ながら出来ちゃうとはどうい事なのか早速見ていきましょう。

届出方式の5つのステップを解説

step
1
申し込み時にMNP転入方式で「届出方式」を選択

step
2
SIMカードが到着

step
3
開通を依頼(届出方式開通依頼お手続き)ページにて開通を依頼

step
4
開通※従来使用してきたSIMカードはこの時点で解約となります

step
5
APN設定をしましょう

step
6
利用を開始していただけます

従来、格安SIMに乗り換える際は、どうしても電話が使えなくなる不便な不通期間があったのですが
おてがるナンバーポータビリティ「MNP届出方式」なら、そんな問題も無くなるんです。

※但しU-mobile SUPERは届出方式に対応していませんので自動方式にて申し込んでいただく事になります。

※U-mobile PREMIUM、U-mobile MAXは届出方式のみ受け付けています。

という事で自動方式の流れも併せて解説します。

step
1
申し込み(MNP転入方式で「自動方式」)を選択

step
2
SIMカードが到着※申込み後SIMが到着するまでの間、お手持ちの番号は使えなくなります。

step
3
APN設定

step
4
ご利用を開始していただけます

※U-mobieは自動方式、届出方式に対応しております。お申し込み時に選択していただく事が可能です。
※U-mobile MAX、U-mobile PREMIUMは届出方式のみ対応しておりますが自動方式には対応しておりませんので了承ください。
※U-mobile SUPER は自動方式のみ対応しております。届出方式には対応しておりませんので了承ください。

次に「届出方式」の注意事項についてまとめます。

「届出方式」は、カードが自宅に届いてからユーザーが開通の依頼をして開通する方式になります。

MNP予約番号を取得した日から起算して14日経過しても開通の依頼をせず放置した場合、自動的に開通されます。

※申告のMNP予約番号日付が異なっていた場合は開通できなくなることもあります。

その際は、その申し込みはキャンセル扱いとなりますので再度申し込んでください。

申し込む際には入力した番号に相違がないか充分に確認してください。

続いて「届出方式」キャンセルの注意事項を下記にまとめます。

色んな理由でキャンセルを選択せざるを得ないという時もあるかと思いますが、その際は下記の注意点に充分留意してください。

端末を同時に申込んだ場合は購入された端末のキャンセルは出来ません。

※また端末代金は一括精算となりますのでご注意ください。

手元に送られてきたSIMカードは速やかに返却してください。

返却先は下記に記します。

返送料に関してもユーザー負担となります。

申告時のMNP予約番号取得日が何らかの不備で異なっていたなど、やむを得ず開通できなかったという場合のキャンセルに際しましては登録事務手数料3,000円が発生します。

尚、キャンセルとなった月の翌月15日までにSIMカードを返却しなかった場合はSIM損害金として2,000円が請求されます。

SIM返却先は「〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-3-10 田村駒東京本社ビル 5階 U-mobile 解約受付係」となっています。

速やかに返却しましょう。

U-mobileを解約する方法を解説

さて、愛用してきたU-mobileを様々な事情で解約を検討している人も居ますね。

今回はU-mobileの解約方法をまとめさせていただきます。

長く使う中でスマホに求める条件が変わってくることもありかと思います。

そんな時は思い切って他社に乗り換えるのも悪くない選択ですね。

そこで解約をスムーズに進めるためのポイントをまとめていきますので参考にしてください。

まず、U-mobile(データ専用)や(通話プラス)の解約方法は「マイページ」より行っていただけますが「解約する」のボタンを押した後のキャンセルは出来ませんのでご注意ください。

また、月の途中で解約手続きを進められた場合であっても解約日は月末となって解約月の基本料金も日割りにはならず、満額請求されますので了承ください。

そして何より気を付けたいのはU-mobileの端末を購入していて、分割で支払っている方です。

解約するのはもちろん自由なのですが端末の残りの代金を一括で支払う必要があります。

解約に踏み切る時期によっては相応に大きい金額を請求されることになります。

解約手続きは簡単にできますので、焦らず、一度端末代があと、どれぐらい残っているのかも計算に入れながら解約タイミングを決めましょう。

ではWeb上での解約の流れを簡単にまとめます。

step
1
まずマイページにアクセス

step
2
ID・パスワードを入力しログイン

step
3
契約者情報のページの右下のU-mobileマイページをクリック

step
4
左側の「ご契約者状況の確認」の下の「解約」をクリック

step
5
簡単なアンケートに協力して「解約する」を選択

以上が解約の流れとなるわけですが、流れ自体は簡単ですが、注意点も併せて把握していきましょう。

多くの場合、やはり利用期間が一定の期間に達していないと解約時に別途費用が発生することもしばしばですね。

それはキャリアにとどまらず、格安SIMでも同じことが言えるのですが、確かに格安SIMは月額料金は安いですが解約金は同様に高くつきますので結果的に損していた!なんてこともあるため注意が必要になります。

今解約すると、どれぐらいの違約金が発生するのか、また改訳しても発生しないタイミングはいつ来るのかなど、思い立ったら即解約!するのではなくご自身の契約内容と使用期間を確認したうえで慎重に解約手続きを進めましょう。

U-mobileでも当然ながら各プランにより最低利用期間がありますので各自確認しましょう。

キャリアと違い自動更新されることはないので最低利用期間を、一カ月でも超えているのであれば解約時に違約金は発生しません。

U-mobileは色んなプランを用意している事が特徴となっていますね。

多彩に用意されているプランはプラン毎に条件が大きく異なりますので、この点も解約するのであれば注意が必要になる点です。

短いもので最低利用期間が半年というものもありますし1年のもの、2年のものもあります。

以下に各プランをまとめていきます。

まず、最低利用期間が半年のプランは以下の3つとなっています。

  1. U-mobile通話プラス
  2. LTE使い放題(通話プラス)
  3. USEN MUSIC SIM/U-mobile MAX 通話プラス

以上の3つのプランに関しましては契約から半年以内に解約した場合、解約金が6,000円がかかります。

上記のどのプランの解約であっても一律6,000円発生します。

長すぎる期間ではないので最低利用期間を過ぎるのを待ってから解約することをお勧めします。

続いて最低利用期間が1年となっているプランを3つ挙げていきます。

  1. LTE使い放題2
  2. U-mobile for iphone
  3. U-mobile PREMIUM通話プラス

となっていますが、これらは解約金の設定が特殊?なので特に注意してください。

まず一番目に挙げた「LTE使い放題2」に関してですが契約後半年と12カ月以内では解約金の設定が異なってしまいます。

半年以内に解約された場合は¥9,500が発生します。

7ヵ月目以降12カ月目以内の解約では¥3,500が発生します。

どうしても中途解約したい!という場合は7ヶ月目以降まで待ったほうが負担は減らせます。

U-mobile for iphoneの場合なら12カ月以内の解約は一律で¥6,000となっています。

このプランに関しては使用期間に応じて変動することはありません。

続いてU-mobile PREMIUM通話プラスのプランに関してですが、これも若干特殊となっています。

利用月数に応じ解約金も変動します。

利用月数×1,000円で解約金は減っていくので1ヶ月目で解約した場合がマックスで解約金がかかる計算になります。

※但し13ヶ月目以降は解約金が0円になると考えて頂いて問題ありません。

最後に最低利用期間が2年のプランについてまとめます。

最低利用期間が2年設けられているプランはU-mobile SUPERです。

利用期間の長さに応じて変動することはなく、期間内に解約した場合一律で¥9,500がかかります。

これは普通のキャリアと何ら変わりませんので、そのプランが本当に自分に向いているのか、自分に必要なのか慎重に検討しましょう。

さて、ここまで最低利用期間の話をしてきましたが、最低利用期間が設けられてないものに関しても解説していきたいと思います。

U-mobileでは音声通話付きSIMだけではなく、以下の4つのデータ専用SIMのプランも扱っています。

  1. U-mobileデータ専用
  2. U-mobile S
  3. U-mobile PREMIUMデータ専用
  4. U-mobile MAXデータ専用

これ等のプランに関しては何カ月目に解約しても違約金が発生しません。

このように色んなプランが多彩にあるU-mobileを前向きに検討したいという方は下記より詳細ページが確認できます。

U-mobileの詳細ページを確認しよう

-格安SIM

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド