その他関連情報 スマホ

便利なスマホ決済、利用時の注意点やキャンペーン情報を紹介

「スマホ決済」昨今、よく耳にする機会が増えたキーワードですね。

非常に便利そうな響きですよね。

というかスマホ決済は実際に便利なシステムとなっていますが便利な反面、気を付けたい点もありますので把握して安全且つ快適に利用するために、当サイトで要点をまとめていきたいと思います。

スマホ決済とは

スマホ決済とは、その名の通りですね。

サイフから硬貨や紙幣を出さずに、スマホを用いて清算する方法です。

このスマホ決済、大きく分けて3種類ありますね。

  1. 非接触型決済(非接触IC決済)
  2. QRコード決済(バーコード)
  3. キャリア決済

では、早速、これらの特徴についても見ていきましょう。

「非接触型決済」⇒身近な所で挙げるならSuica・Edy・QUICPay等ですね。

スマホに搭載されているNFC・Felica・Bluetooth等を利用した決済方法を指します。

クレジットカード、或いは電子マネーを登録したスマホを専用の端末に翳し決済を行います。

尚ApplePayやGoogle Payは、決済サービスをスマホ側でまとめて管理する機能で「支払い方法」ではありません。

QRコード決済=QRコードやバーコードを表示させたスマホを店の方に読み取ってもらうか、若しくはQRコードやバーコードをスマホで読み取り決済する仕組みです。

今、話題の「PayPay」「LINE Pay」「au Pay」が、これに当たります。

消費者側も販売側も相応にメリットがあります。

消費者側には非接触IC決済に対応していない古いタイプのスマホでも利用出来たり、店舗側もICチップを読み取るための専用の端末を準備するような必要もなく設備投資を掛けなくて済むというメリットがあります。

キャリア決済は、何か購入した時、その代金を契約している通信会社の通信料金と合算して支払う決済サービスになっています。

この決済方法は、広くオンライン通販で利用されていますが昨今は店頭での利用が可能になりつつあります。

スマホ決済の仕組みも見ていこう

こちらのコーナーでは先に挙げた、非接触型決済・QRコード決済・キャリア決済の仕組みについてまとめていきます。

解説が重複する部分もあるかと思いますがお付き合いください。

非接触型決済の仕組みを見てみよう

非接触型決済の場合は端末の中にICチップが内蔵されており、そこから出る無線電波を読み取り可能な専用の端末で情報が読み取られます。

NFC・Felicaが、これにあたります。

これらは読み取り方式の規格でFelicaはNFCの規格をもとにソニーが開発した規格となります。

また読み取りの機器は対象となるサービスにかかわらず、同一の規格のものは読み取れますのでiPhone用・Android用と言ったように複数の端末を置く必要がありません。

QRコード決済の仕組みも見てみよう

QRコード決済を使うにはまず利用者がQRコード決済サービスのアプリをダウンロードしておく必要があります。

ユーザーが利用するまでに準備しておく必要があるものは次の2点です。

  1. QRコード決済アプリ
  2. アカウントの登録とクレジットカード情報・銀行口座等の登録

対して店側でも下記の準備が必要になります。

  1. QRコード決済サービスの加盟店登録を済ませる
  2. 事業者向け管理画面を確認するためのアプリ・ブラウザをダウンロードする

利用までの手順は双方、それほど難しくありませんね。

キャリア決済の仕組みはどうなっているの?

キャリア決済の場合はユーザー・店舗・通信キャリアの3者間で決済処理・入金処理が行われていて、その手順は以下の通りです。

①ユーザーが加盟店店頭でキャリア決済を選択し商品を購入。

②ユーザーの購入金額と、どの決済を行ったかが送信される。

③ユーザーの通信料金に、その金額が加算される。

というのがキャリア決済の大まかな仕組みとなっています。

スマホ決済の支払いの流れ

スマホ決済の時、「支払い」は、どうやって行われるのでしょう。

アプリ・サービスによって支払い方法は違ってきますが大きく分けて「前払い」「後払い」「即時引き落とし」となっています。

  • 前払い(プリペイド)=事前に任意で好きな金額をチャージしておく必要があります。(チャージできる金額には上限があります)
  • 後払い(ポストペイ)=購入した代金が紐づいたクレジットカード、或いはキャリア決済で通信料と併せて決まった期日に引き落とされます。
  • 即時引き落とし=即時とあるように、決済を行った瞬間紐づけられた口座から買い物した分の金額が引き落とされます。

たとえば、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」みずほ銀行の「J-Coin Pay」などですね。

尚、紐づけできるのはクレジットカードだけではありません。

デビットカードも紐づけることができるのも嬉しいですね。

このように非常に便利なスマホ決済ですが紛失時には不正利用されるリスクが非常に高くなります。

従って面倒がらず必ずパスワードや生体認証を施しておきましょう。

万が一、こういった対策をしていない端末を紛失した場合は即時iPhoneの場合は「iPhoneを探す」という機能を、Androidの場合は「端末を探す」という機能を使い遠隔でロックを掛けましょう。

※この際Apple IDやGoogleアカウントのアカウント名とパスワードが必要になりますので、日頃、これらを忘れないようにしましょう。

万が一の時の様々なリスク回避のための遠隔操作方法や必要なアプリ等について詳細をまとめてありますので下記もご覧ください。↓   ↓

便利すぎるスマホ、悪用されないように対策して快適に使う方法

ここではスマホを悪用されたりしないようにする方法や万が一の画面割れの対処法等マルチに紹介していきたいと思います。 折角買ったスマホを安全に快適に使いこなす為に是非、お付き合いいただけたらと思います。 ...

続きを見る

スマホ決済の為のチャージの方法を一挙解説

決済方法は多々ありますが、ここでは決済の為のチャージ方法を見ていきましょう。

多くの方が愛用している「PayPay」をはじめ「楽天Pay」「メルペイ」「LINE Pay」「origamiPay」「d払い」がありますね。

これらのチャージ方法について以下に解説します。

まず、PayPayのチャージ方法から解説します。

PayPayのチャージ方法

解説といっても、それほど難しい操作はありません。

まず、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座かYahoo!JAPANカードから可能です。

※オートチャージにも対応しています。

任意で金額を入力し「チャージする」ボタンをタップするだけで簡単にチャージが出来ます。

Yahoo!JAPANカードからチャージするとYahoo!JAPANカードのポイントも貯まるのでお得ですね。

続いて「楽天Pay」のチャージ方法を見ていきましょう。

楽天Payへのチャージ方法

こちらの場合は、基本的にはクレジットカードをアプリに登録していただいて支払う形になります。

若しくは楽天キャッシュをチャージしていただく方法もございます。

このように楽天Payのチャージ方法も非常に簡単になっています。

続いて「メルペイ」についてチャージ方法を見ていきましょう。

メルペイのチャージ方法

メルペイに関しては銀行口座を登録する方法・或いはメルカリの売り上げをチャージする方法とがあります。

※但し一度でもメルペイのポイントに変えてしまうと戻せなくなりますので気を付けて下さい。

続いてはLINE Payのチャージ方法を解説します。

LINE Payのチャージ方法

LINE Payの場合は銀行口座・セブン銀行ATM・QRコード/バーコード・レジ・Famiポート・オートチャージが利用可能です。

クレジットカードの登録も可能ですが、クレジットカードの場合、ポイントの還元等特典がつかないので、その点に注意しましょう。

続いて、知名度はあまり高くありませんが「origamiPay」についてまとめます。

origamipayのチャージ方法

origamipayの場合は銀行口座を登録・もしくはクレジットカードかデビットカードを登録していただくとチャージが可能です。

デビットカードなら限度額が限られていますので使いすぎを意識的に防ぐことも出来ます。

最後にd払いのチャージの流れについて見ていきましょう。

d払いのチャージ方法

d払いではチャージ方法はクレジットカードからのみ可能という状態でしたが、銀行口座・又はATMからもチャージ可能になっています。

より便利に身近になりましたね。

スマホ決済ランキング!おすすめはココ。

個人的にお勧めなのが上記でも挙げた「PayPay」「楽天Pay」「LINE Pay」となります。

知名度も確実に上昇しているので安心して利用を始められるのではないでしょうか。

スマホ決済ならPayPayがお勧め

PayPayは、確実に業績を伸ばしている「ソフトバンクグループ株式会社」「ソフトバンク株式会社」「ヤフー株式会社」が共同で手掛けるサービスで、随時魅力的なキャンペーンを計画しているので利用して損はありません。

スマホ決済は何か垣根が高い!と思う方でも安心して始めてい頂けると思います。

次に、楽天Payについても特徴など見ていきましょう。

楽天Payもお勧め

楽天Payは名前の通り、楽天グループが運用している決済アプリになります。

楽天グループはショッピングサイトや格安スマホ・更には銀行まで広くサービスを展開していますね。

楽天ポイントカードに対応していない店舗であっても楽天Payに対応していればポイントを貯める事が可能です。

また、対応店舗が多い点も楽天Payの強みの一つですね。

一例を挙げますとコンビ二では大手、ローソン・ファミリーマート・ミニストップ等。

飲食店ではPIZZALA・白木屋・魚民・和民等で。

アパレルではAOKI・Right-on・Stepなどで使えます。

またオンラインで無印良品・TOHOシネマズなどで利用できます。

非常に使い勝手のいいアプリですので、こちらも個人的にはお勧めです。

続いてLINE Payに関しても見ていきましょう。

LINE Payの特徴・強みはココ

LINE Payの特徴は決済が極めて簡潔なのはもちろんですが、割り勘ができたり友人同士で送金が出来たりと、他にはない便利なサービスが設けられています。

この為、日頃飲み会に参加する機会が多い方には向いているのではないでしょうか。

では早速LINE Payが使える店舗・特徴等見ていきましょう。

利用可能な実店舗としてはコンビニではローソン・ファミリーマート等で。

また、阪急百貨店や阪神百貨店・サンドラッグやLOFT・カラオケ店のビッグエコーなどでもご利用いただけるほか、オンラインでもラクマ・ZOZOTOWN・出前館などで利用可能となっています。

あくまで個人的なお勧めで、他にも色々ありますので使い勝手の良いスマホ決済を選びましょう。

スマホ決済は増税直後の今が一番お得

消費税が10%に引き上げられた!と早速財布の紐を固くしてしまっている方が多い事と思いますが、ガードに徹すると時に損しちゃうかも?!

逆に消費上が引き上げられた今こそ、お得に買い物するチャンスなんです。

なぜなら、クレジットカードやスマホ決済などキャッシュレス決済で最大5%の還元を受けることができるからです。

当サイトで紹介したPayPayや楽天Pay・LINE Payでもお得が満載です。

お得情報に常にアンテナを張って還元率に着目しておきましょう。

消費税が増税された今こそお得に買い物するチャンスです。

増税前よりもお得に賢く買い物しちゃいましょう♪

数あるスマホ決済アプリのなかから、何を選ぶ?

昨今、立て続けにスマホ決済アプリがリリースされていますよね。

ここまでくると正直、どれを選ぶのがベストなのか判らなくなる!ってなりますよね。

そこで失敗しないスマホ決済アプリの選び方を模索していきましょう。

まず、選ぶ際のポイントは大きく分けて4つあります。

  1. 知名度・利用者の多さを基準に選ぶ
  2. 特典・還元率の良さを基準に選ぶ
  3. 自分に好都合の機能があるか否かで選ぶ
  4. 都合のいい支払い方式が有るか否かで選ぶ

スマホ決済の種類

知名度・利用者の多さに着目してスマホ決済を選ぶなら有名な所で以下の3種類があります。

ここでも登場するのが

1位「PayPay」

2位「LINE Pay」

3位「楽天ペイ」

となっていますので、まだスマホ決済を利用したことがない!どこが良いか分からない!という場合は、これら3種類のなかから選ぶと間違いが無いかと思いますのでお勧めです。

これら3社を含むQRコード決済は昨今、乱立していますが、今後はだいぶ絞り込まれてくると予想されます。

スマホ決済のアプリ選定は還元率の良さも比較してみよう

スマホ決済、どうせなら還元率や特典が魅力的な所を利用したいですよね。

PayPayを例に解説するなら2019年10月1日より2020年6月までの間、キャッシュレス・消費者還元事業が実施られます。

この期間に対象店舗でスマホ決済を含むキャッシュレス決済をすると2%あるいは5%が追加還元されるという物です。

では次にLINE Payの還元率も見ていきましょう。

LINE Payボーナスは月々の利用金額に応じ0.5%~最大で2%まで還元されます。

還元率は変動するシステムですね。

ほぼ無条件で1.5%を還元してくれるPayPayと比べると特典・還元率が物足りなさが気になる所ですね。

楽天ペイでは2019年12月2日までと期間は限られていますが、全店舗対象で支払額の5%の楽天スーパーポイントが還元されます。

※エントリーしている必要があります。

また「楽天ポイントカードや楽天Edy機能を1つにまとめられますね。

還元されるポイントは楽天カードと紐づけることで1%アップ出来たり、クレジットカード固有のポイントと楽天ポイントが二重で取れちゃうのでお得ですね。

利用しないと損!スマホ決済の美味しいキャンペーンを紹介

スマホ決済キャンペーンは魅力的である反面、旬なものが多いですね。

実施期間が短いものも多いので、おいしいキャンペーンを逃さないように情報はマメにチェックしましょう。

Yahoo!JAPANの特設サイトでは毎日1回くじが引けて、抽選でPayPayボーナスライトや豪華な賞品が当たるキャンペーン、その名も「毎日合計1000万円相当が当たるPayPayくじ」を開催しています。

例えば一日限定となりますが2019年11月11日(月)は当日限定で一定の条件を満たしたソフトバンク・もしくはワイモバイルユーザーがYahoo!ショッピングでPayPay残高を使って商品等を購入すると最大で20%が付与されます。

更に2019年11月1日からは、ヤフー・ソフトバンク・PayPayが合同で大規模セールを展開する国内最大級となる、お買い物祭典「いい買い物の日」キャンペーンが始まります。

このほか「楽天ペイ」「d払い」「メルペイ」「au Pay」「ファミペイ」等の各スマホQRコード決済サービスで利用できるお得なキャンペーン情報も目が離せませんね。

更に11月1日~12月25日まで、PayPayフリマで、お買い物金額から最大で20%が帰ってくるお得なキャンペーンを実施します。

※PayPayフリマでPayPay残高を使用して支払った方が対象となります。

また、2019年11月5日(火)~2019年11月11日(月)まで「倍!倍!ストア」キャンペーンが実施されます。

概要はYahoo!ショッピング及びpayPayモール内の対象となるストアで購入されると通常のTポイントやPayPayボーナス委の付与に加えて購入額の10%、または5%のPayPayボーナスライトが追加で付与されちゃうものになります♪

他にも美味しいキャンペーンが随時、実施される予定ですが挙げだすとキリがありませんので、この辺にしておきます。

スマホ決済はクレジットカードのコラボでよりお得

クレジットカードは抵抗がある!という方も多い事と思いますが、そして知っている方も多いかと思いますが、スマホ決済はクレジットカードと連携することで更にお得になっちゃうんです。

連携させるカードによって還元率は異なりますのでお手持ちのカード・利用サービスに応じたスマホ決済サービスを利用していただくとお得になります。

お勧めカードは以下の3枚です。

  1. 楽天カード
  2. Yahoo!JAPAN
  3. リクルートカード

楽天カード⇒楽天ペイとの連携性が非常に好調です。

通常なら楽天ペイのポイントは200円単位で1ポイントという形で貯まりますが支払い時に楽天カードを使えば100円単位で1ポイントといった感じで、還元率としては1.5%となっています。

Yahoo!JAPAN⇒Yahoo!がソフトバンクと共同出資しているPayPayとの併用がしやすくなっています。

通常はPayPay残高には銀行口座からチャージ出来、クレジットカード決済の場合は後払い用となりますが、Yahoo!JAPANカードですと事前チャージにも対応しています。

リクルートカード⇒こちらのカードは年間費が無料なのにポイント還元率は1.2%と高くなっています。

このためクレジットカード払いを選択可能なスマホ決済サービスではお勧めです。

積極的に利用することでポイントはしっかり貯められます。

スマホ決済全般におけるメリット

スマホ決済方法はいくつかありますね。

ここでは、それぞれの決済における色んなメリットをまとめます。

まずQRコード決済方式におけるメリットから見ていきましょう。

QRコード決済で感じるメリット

こちら、消費者側が感じられるメリットとしては、QRコード決済はアプリにもよるが様々な機能が充実していて、友人との割り勘・送金等の機能も搭載されていてポイント還元キャンペーンも度々実施されていて使えば使うほど得になります。

色んなキャンペーンを上手に利用して買い物・食事等楽しんでいただけます。

メリットを感じられるのは利用者だけではありません。

店舗にとっても相応なメリットがあります。

QRコード決済に於いては専用の端末をワザワザ用意する必要がありません。

手持ちのPC、スマホ・タブレットで容易に管理が出来ます。

このサービスを導入するのにあたり、新たなコストが発生する事はない上に機器の設置の手間も勿論ありません。

スマホ決済のデメリットも把握しておきましょう。

では、次に非接触型IC方式での支払いで感じられるメリットについても見ていきましょう。

非接触IC方式におけるメリット

非接触IC方式は、何と言っても、そのUXが優れている事が最大のメリットです。

非接触ICの場合わざわざアプリを立ち上げる必要もないので決済もスムーズに済ませる事ができます。

駅の改札口や混雑したコンビニでの清算も、スムーズに決済できるので楽ですね。

一方店舗側としても交通系のICを日頃利用しているユーザーも対象に出来るので顧客を広く取り込むことが容易になるというメリットがあります。

キャリア決済を利用するユーザーにとってのメリット

キャリア決済を利用するユーザーさんにとって、最大のメリットは何と言ってもクレジットカードを所有していなくても決済が可能という点です。

クレジットカードを作ることに抵抗がある・あまり所有したくない!という方でも手軽な決済手段として利用できます。

クレジットカード決済にしか対応していない継続課金のあるサービスであっても利用できることが多くなっている点もメリットですね。

けれど、残念ながらメリットばかりではないですね。

スマホ決済全般で懸念される デメリット

デメリットというほど大げさな事ではないという認識ですが、支払い時にアプリを立ち上げる手間があります。

非接触IC方式での決済の場合、決済は一瞬で済みますがアプリの立ち上がりに多少時間を要します。

また、スマホの充電切れていると決済が出来ませんので充電切れは意識しておく必要があります。

一方、店舗側に生じるデメリットとしてはQRコード決済サービスは提供する事業者ごとにサービス内容が異なるので比較・検討から始める必要があり店舗によっては「手間」と感じることがある場合があります。

最後にキャリア決済におけるデメリットもしっかり把握しておく必要があります。

クレジットカードを作っていくても可能な便利なキャリア決済ですが利用限度額は低い設定になっています。

限度額は数万円程度となっています。

その分、リスクも低いという利点もあるのですが、クレジットカードと同程度の限度額を求める方には物足りないですね。

 

-その他関連情報, スマホ

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド