その他関連情報 どんなときもWi-Fi 格安SIM

格安SIMを海外で利用する方法、ファミリープラン加入ならどうなる?

さて、海外旅行時・短期の海外出張の場合のシム利用法については他のコーナーでもまとめましたが今回は留学等で年単位で家族の中で一人だけ日本を離れるという場合。

1人だけ格安SIMを使いたいとなった場合にファミリープランに加入している場合、一人が日本を離れている間の支払い等はどうなるのか見ていきましょう。

ファミリープラン加入時、海外で長期赴任する場合どうなる?

今回は一家で海外に行って長期滞在するケースではなく、ファミリープランに加入している家族の中で一人だけ海外に行って長期滞在する予定という場合、日本に残る家族と海外に行く方は、そのままファミリープランを継続する事が可能なのかどうなるのか見ていきましょう。

先に結論から言うと可能です。

日本で契約した携帯は、当然ですが海外でそのまま使う事は出来ません。

なので、海外で使おうという場合は日本国内で使っていたSIMを抜いて、新しく海外で使えるSIMを入れなおす必要があります。

ではファミリープランに加入している最中に1人だけ海外に行く場合、基本料金・利用料金の請求はどうなるのでしょう。

海外に行くという事は、当然ですが日本国内では利用していませんので利用料金という名目の請求は発生しません。

利用料金が発生しないのは何となく分かるかもしれませんが、では基本料金に関しては、どうなっているのでしょう。

この場合、基本料金というものも発生しません。

では、海外に行っている人の契約は事実上、解約という事になってしまうのでしょうか。

いいえ、解約状態ではありません。

安易に解約してしまえば、勿論、タイミングによっては違約金が発生しますし日本に帰ってきた時に携帯が使えない期間が発生してしまい困ってしまいますよね。

当サイトでは、こういったケースの時、ソフトバンクで取られる対応についてまとめていきたいと思います。

ソフトバンクではファミリープランに加入している一家の一人が長期間海外で滞在し、海外で携帯を使うという場合、日本で宙に浮く番号に対し「番号預かり」というサービスがあります。

番号預かりというサービスを利用している間は、この番号に関しては基本料等は発生しません。

番号預かりサービスに掛かるり料金は月々380円となっています。

このサービスは海外に行っていた方が日本に戻ってきて、すぐにまた日本でそれまで使っていた番号をスムーズに使い始めるためのサービスになります。

尚、海外に行っている人は現地で任意のSIMを選んでいただき端末にセットして頂き使った分を自分で支払っていくスタイルになります。

当たり前のことを言うようですが海外で使われた利用料金に関しては請求元が全く異なりますので代表者の口座から引き落とされる事はありません。

日本に残った代表者が負担するのは、自分たちの利用料金+番号預かり金の¥390のみとなります。

※尚、電話番号、並びにメールアドレス保管中であってもユニバーサルサービス料は発生します。

お子さんが海外留学で年単位で日本を離れる予定という方や、ご家族の誰かが長期海外出張でやはり年単位で日本を離れる予定がある方は是非、ソフトバンクのこういったサービスを利用しましょう。

格安SIMで海外で通話等のサービスを使う方法

海外に行っても自分のスマホを従来のように使うサービスを国際ローミングと呼びます。

国際ローミングに関しては他のコーナーで注意点等も詳しくまとめてありますので参考にしていただければと思います。

他のコーナーで説明した点と重複する点も有るかと思いますが国際ローミングを利用するためには条件がありますね。

  1. 契約中の回線タイプ
  2. SIMカードの種類(音声通話SIM・データSIM)

この2点が大きく分けて重要ポイントとなりますね。

また、端末によっては海外で使えないケースもあるので気を付けましょう。

番号預かりサービスを利用し時、日本に戻った時必要な手続きは?

番号預かりの手続きを済ませて海外に行かれた、海外から帰ってきたという方が、再び国内で端末を使いたい場合、どういった手続きが必要になるのでしょう。

それほど面倒な事や難しい事はありません。

早速番号を預ける際と一時預かりを解除する際の、それぞれのキャリアでの流れを見ていきましょう。

番号一時預かり、ソフトバンクの場合を見ていきましょう

まず、ショップへ行って再び日本国内で利用したいから番号預かりを解除したい旨を伝えれば直ぐに使い始めることができます。

基本的に使う人が行くのが望ましいですが、都合が悪く行けない場合は代理人でも可となっています。

尚、事務手数料等は基本的に発生しません。

また、番号預かりと表記されていますがメールアドレスに関しても預かってもらえます。

このサービスは電話番号とメールアドレスを最長で5年預かってもらえるサービスになります。

※保管期間経過後(最大5年間)は期間満了月の末日をもって解約になります。

メールアドレス預かりで預けられるメールアドレスを見ていこう

さて、メールアドレスに関しましても預ける事が出来るようになっていますが、預かれないメールアドレスもあるので注意しましょう。

基本的に預けられるのがキャリアメールですね。

以下の3つは預ける事が可能となっています。

  1. @softbank.ne.jp
  2. @i.softbank.ne.jp
  3. @*.Vodafone.ne.jp

番号一時預かりauの場合

auで電話番号とメールアドレスの一時預かりをしてもらう場合の注意点等を見ていきましょう。

保管期間はソフトバンク同様で、こちらも最長5年となっています。

番号の一時預かりを依頼する場合も解除する場合もいずれも本人が行く必要があります。

その際、以下の物が必要になります。

  1. 印鑑
  2. 本人確認書類
  3. 利用中の端末本体

端末を再利用しようとする場合は、これらに加えて本人名義のキャッシュカード、或いはクレジットカードが必要になります。

※尚、契約者が二十歳未満の場合は親権者の確認書類と、親権者の同伴が必要になりますので一緒に来店してもらってください。

一時預かりを賜る際、契約事務手数料として¥2000が発生します。

一時預かりの月額使用料は¥372となっています。

ただ、利用再開の手続きの際には手数料等は一切発生しません。

docomoの番号一時預かりについて見ていこう

docomoでは以前は2019年9月30日まではFOMA契約の電話番号保管(FOMA)とメールアドレス保管(iモード)サービスが展開していましたが終了になり2020年2月現「Xi」で契約している方であれば問題なく申し込んでいただく事が出来ます。

因みに「Xi」とは4G回線を指しています。

尚、さすがにキッズケータイは番号預かりの対象外となりますので了承していただければと思います。

では早速、電話番号の保管を希望する場合の流れを見ていきましょう。

まず、手数料として¥1,000が発生しますが、翌月の利用料金と合わせて請求されますので、その場では発生しません。

電話番号を預けたい場合は月額で¥400となり、メールアドレスも預けるという方は+¥100で預けることができます。

因みに、どうしても店頭に行って手続きをしないとならないというわけではありません。

PC、或いは電話からでも手続きは可能です。

パソコン「ドコモオンライン手続き」から申し込めます。
パソコン・Wi-Fi経由など、ドコモ回線以外から手続きを進める場合は「dアカウント」が必要となります。
※dアカウントはドコモの携帯をお持ちでなくても簡単に発行することができる無料の共通IDとなっています。
電話電話で手続きを進めたいという方はドコモの携帯電話からなら局番無しの「151」(無料)にコールして下さい。
一般の電話から掛ける方は「ドコモインフォメーションセンター電話番号」を確認してください。
尚、受付時間は朝9時~夜8時までとなっています。
ショップ営業時間の方は各店舗異なりますので各自最寄りのショップの営業時間を把握した上で時間に余裕を持ってお出かけください。

では、保管してもらっていた番号を使い始める時は、どんな流れになるのか見ていきましょう。

docomoで電話番号保管を解除する場合の流れ

まず、保管を解除してもらう場合は手数料は掛かりません。

番号預かりの解除手続きは電話、若しくはショップにて行えます。

番号を預けたい際にコールした「151」へ掛けるかドコモインフォメーションセンターへ、朝9時~夜8時までに問い合わせてください。

番号預かりサービスを利用するにあたっての注意点を押さえよう

一部、説明が重複する部分が出てきますがお付き合いください。

  1. 電話番号保管を申し込む際、手数料として最初に¥1,000が発生し、以降、月額¥400円が発生し、合わせてメールアドレスの保管も希望するという方は月額¥100でサービスを利用していただけます。
  2. docomoでの電話番号、及びメールアドレス保管期間は申込まれた翌月1日から3年となります。
  3. 電話番号の保管期間が満了となった場合、期間満了日の翌月1日にxi契約を解除されます。
  4. 定期契約型の料金プラン、または割引サービスを契約中という場合「電話番号保管(定期契約あり)」に変更となります。
  5. 電話番号保管期間内に電話番号保管を解除した場合であっても電話番号保管(定期契約あり)に係る解約金は発生しません。
  6. 但し定期契約型料金プラン・割引サービスに係る解約金が発生する場合もあります。
  7. 電話番号保管の最中であっても個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約の分割支払い金残額/分割支払金残額がある場合は支払いは継続します。
  8. 電話番号保管の申し込みにより「ケータイ補償お届けサービス」「ケータイ補償―サビス」「ケータイ補償サービスfor iPhone & iPad」については解約となります。
  9. 電話番号保管の申し込みによって原則として全ての割引サービス・各種サービスが廃止となります。
  10. 電話番号保管解除の際は、その時点で申し込み可能な料金プラン・パケットパック/パケット定額サービス(※2)が選べます。
  11. 電話番号保管おn解約時に新規受付終了となっている料金プラン・パケットパック/パケット定額サービス(※2)に限って申し込めますが電話番号保管中に提供が終了した料金プラン・/パケット定額サービス、及び新規受付終了となった割引サービス(定期契約型割引サービスを除く)各種サービスを申し込むことができません。
  12. 電話番号保管申し込みの場合(メールアドレス保管の申し込みの有無を問わず)クラウドデータは全て削除されて復元は不可能です。
  13. 電話番号保管の解除後は現在使用中のドコモUIMカードを引き続き利用していただけますので大事に保管して下さい。※紛失等で再発行を希望される場合¥2,000が必要になります。
  14. 電話番後保管中にMydocomoを利用するためにはdアカウントの2段階認証の設定時、連絡先メールアドレス(docomoメール以外)と信頼端末の登録が必要になります。仮に登録がない状態で電話番号保管を申し込むと電話番号保管中、Mydocomoを利用できません。

メールアドレス保管時の注意点も確認しておこう

メールアドレスの保管を希望する場合、電話番号保管の申し込みの際に合わせて申し込んでいただく必要があります。

※メールアドレス保管のみを申し込むことは出来ません。

※iモードのメールアドレス保管は申込めません。

電話番号保管中に何らかの理由でメールアドレス保管を解除した場合電話番号保管を解除した際にspモード、或いはiモードを再度申し込んだとしてもメールアドレス保管申し込み時のメールアドレスを再利用していただく事は出来ません。

定期契約等に係る解約金の注意点

電話番号保管の申し込みによって料金プラン(定期契約あり)/割引サービス(定期契約あり)の解約金は保留になります。

但し以下の場合Xi契約の解約時、若しくは「電話番号保管」解約時に解約金が生じます。

  1. Xi契約の解除時に、「電話番号保管」時に契約していた料金プラン/割引サービスの契約満了月を迎えていない場合
  2. 「電話番号保管」解除時に「電話番号保管」時に契約していた料金プランの契約満了月を迎えておらず、且つ新規受付を終了している料金プランを選択する場合
  3. 「電話番号保管」解除時に「電話番号保管」時に契約していた割引サービスの契約満了月を迎えておらず、かつ割引サービスを契約しない場合

-その他関連情報, どんなときもWi-Fi, 格安SIM

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド