iPhone iPhone 格安SIM 端末

iPhone SEを格安SIMでお得に使えるという噂を検証

成長してきた子供に初めてのスマホを持たせたい、でも何が適しているのか判らない!

出来れば格安SIMとしてコストを抑えながら子供に持たせたいという方はiphone SEも視野に入れて検討しても良いのではないでしょうか。

もちろん、大人が持っていても全く違和感のないデザインになっています。

iPhone SEの概要に納得できましたら案心してiPhone SEを選びましょう。

iPhone SEは、どんな端末?

まず、iPhone SEのSEって何?って思った事ありませんか?

これ、Special Editionの略になり、直訳すると「特別版」となります。

そんなiPhone seは2016年3月31日、日本を含む世界12カ国で発売されました。

iPhone 5sの後継機にあたり、iPhoneシリーズの安価で小さいサイズの位置付けとなっています。

そんなiphone SEを格安SIMで使いたいという方は多いのではないでしょうか。

とはいえ、iPhoneシリーズを使うにあたり月額料金が気になるという方も多いですね。

今回はiPhone SEと格安SIMの組み合わせが、どれだけ得になるか、既にiPhone SEがお手元にある人と、これから購入を考えてるという方と、それぞれにお勧めしたい組み合わせを紹介したいと思います。

iPhone SEの入手方法

  1. 格安SIMの端末セットを購入する
  2. SIMフリー版のiPhone SEを購入する
  3. オークション等で中古購入する
  4. キャリア版iPhone SEを格安SIMでも利用する

まず当然の事なのですがiPhone SEを格安SIMとして使うには、とにもかくにも、まずはiPhone SEの本体を入手する必要があります。

もちろんキャリア版のiPhone SEを利用する予定という方は、そのまま持ち込みで利用できます。

これからiPhone SEを用意するという方はSIMフリー版や中古端末を購入する方法もありますので注意点等も確認していきましょう。

まず3大キャリア版のiPhone SEをお持ちの方はSIMロック解除(幾つか条件があります)等を行い格安SIMでそのまま使いましょう。

併せてSIMフリー版を購入する方法も押さえておきましょう。

SIMフリー版のiPhone SE、新品を考えてるならApple Premium Reseller、或いは家電量販店で購入可能になってます。

因みにiPhone SEをセット購入できるお得なプランも用意されており本体の分割代含めても月額2000円台~使えるものもあります。

例えばUQモバイルでiPhone SE32GBをセット購入したと仮定し、且つおしゃべり/ぴたっとプランS(最大3GB)と仮定しますと2138円+本体代金の実質342円/月で月額2570円といったものも可能になってます。

もう一例UQモバイルで契約したとし仮定して一例を挙げますと、おしゃべりプランM(最大9GB):3218円・iPhone SE(32GB):実質648円/月(マンスリー割適用時・分割)3,650円といったものも可能です。

docomoで契約されますと、例えばベーシックパック(5GBまで)5400円、カケホーダイライトプラン1836円・Spモード324円
iPhone SE(32GB):実施648円/月(月々サポート適用時・分割)トータルで8,028円となります。

上記を見て解るようにUQモバイルが安さを上回ってますね。

格安SIMとiPhone SEの組み合わせと、キャリアであるドコモとiPhone SEとの組み合わせを比べたとき、その差は4000円以上あります。

iPhone SEは格安SIMで利用いただくのがお得ということが一目瞭然ですね。

尚Y!mobileと楽天mobileでもiPhone SEを使えますので各社のプラン等を見ていきいましょう。

ワイモバイルでは32GB/128GBの容量がそ揃っていてS/M/Lの3種類からサービスが展開されていてデータ容量2倍オプションにより最大で2年間は追加料金不要でデータ容量が2倍になるお得さが強みになっています。

ワイモバイルでiPhone SEを分割で購入すると、月額料金はこうなる

  • iPhone SEを32GBの契約でセット購入した場合:スマホプランS(最大3GB)月々2138円~本体代は実質0円/月になります。
  • 同じくiPhone SEを128GBでセット購入した場合:月額2678円~スマホプランS(最大3GB)2138円+本体代金540円/月となります。

端末購入に伴う割引も含めるとiPhone SE 32GBは実質0円/月となりUQモバイルより安くなっています。

また、国内通話が10分間かけ放題というプランが付属している上に、月額1080円のスーパーだれとでも定額を追加すれば時間・回数一切気にせず無制限で国内通話かけ放題が使えます。

まとめ:通話が多いという方はiPhone SE32GBモデルを購入するなら、Y!mobileのセット購入がお勧めです。

楽天モバイルでiPhone SEを使いたい方は必見

楽天モバイルを検討してるならiPhone SEとSIMをセットで購入するのがお勧め。

楽天モバイルでは海外販売モデルとメーカー認定整備済みのiPhone SEがあります。

16GB/32GB/64GBのモデルの中から選べます。

基本プランは次の2つになっています。

10分かけ放題をオプションにつけるか否か選べる組み合わせプランと、10分かけ放題が最初から基本料金に含まれた「スーパーホーダイ」の2種類があります。

それぞれ特徴が異なりますので下記で解説していきます。

組み合わせプランはデータSIM(SMSは無し)050データSIM(SMS有り)通話SIMの3つがあります。

楽天モバイルの格安SIMはdocomoとau回線があります。

但しau回線ではデータSIMが提供されていません。

通話SIMにはオプションで月額918円で「楽天でんわ10分かけ放題by楽天モバイル」が追加でき、かけ放題を付けるか選べるという点がスーパーホーダイとの大きな違いになっています。

提供されているプランのデータ容量も異なり、下は高速通信が無い激安ベーシックプランから上は最大30GBプランまで幅広く対応していて基本料金は左の図の通りです。

図はクリックすると拡大されます

3.1GBプランでY!mobileやUQモバイルと比較してみるとセットで購入すると月額料金が少し高くなります。

iPhone SEの(3.1GBプラン)セットを分割で購入するとどうなる?

iPhone SE  16GB:月額2,604円~内訳は(通話SIM3.1GBプラン1,350円+本体代金1,254円/月)です。

iPhone SE  32GB:月額3,366円~内訳は(通話SIM3.1GBプラン1,350円+本体代金2,016円/月)です。

iPhone SE  64GB:月額3,456円~内訳は(通話SIM3.1GBプラン1,350円+本体代金2,106円/月)です。

ここにさらに10分かけ放題を利用する予定という場合は更に高くなるのでとにかく安く使いたいという方はY!mobileもしくはUQモバイルも視野に入れて検討しましょう。

但し楽天モバイル組み合わせプランは最低利用期間が1年ん身で自動更新契約の縛りが無いという大きなメリットがあります。

スーパーホーダイでセット購入した場合の月額料金を見ていきましょう。

スーパーホーダイは国内10分かけ放題が基本料金に含まれているセットプランになります。

組み合わせプラント異なりdocomo回線の通話SIMのみが提供されています。

データ容量プランは2GB  6GB 14GB 24GBの4種類となっていて基本料金は楽天会員ランクが高いほど安くなります。

最低利用期間の契約が長ければ長いほど安くなるのが特徴です。

右の表を見て頂くと一目瞭然ですが基本料金を見ると最安値で1059円~と信じられないような価格でかけ放題付きの格安SIMプランの中では信じられない安さで使えるのが強みになります。

簡単に今一度まとめてみたいと思います。

スーパーホーダイプランS(2GB)ダイヤモンド会員で最低利用期間が3年の約束にした場合は以下のとおりになります。

16GBの場合(プランS2GB)、月額が本体価格込み込みで2,313円~です。

32GBの場合(プランS2GB)、月額が本体価格込み込みで3,075円~です。

64GBの場合(プランS2GB)、月額が本体価格込み込みで3,165円~です。

iPhone SEをセットで購入しますとY!mobileやUQモバイルより若干高くなりますが早々候補から外す必要はありません。

一方、スーパーホーダイプランS(2GB)楽天会員、最低利用期間が3年の場合

16GBで本体価格込み込みで月額2,853円~となります。

32GB本体価格込み込みで月額が3,615円~となります。

64GBの場合本体価格等込みで月々3,075円~になります。

メリットとして自信持って押せる部分として。

  • 定期契約がない
  • データ容量を使い切ってしまった後も最大で1Mbpsで使える

スーパーホーダイは1年もしくは2年、或いは3年から最低利用期間を任意で選ぶことが可能です。

あくまで最低利用期間ですので、任意で選んだ期間を無事に過ぎれば自動更新されることもありませんので違約金は発生しません。

データ容量を使い切ってしまった後も最大1Mbpsで使えるので、あまりストレスを感じることなくネットを使えますので、これまで度々月間のデータ容量を使い切っていたという方にもお勧めです。

iPhone SEをSIMカードだけの契約で使うならどこ?

既にキャリア版のSIMフリー状態になっているiPhoneSEが手元にある、或いは何らかの形で用意できるという方はSIMカードのみを申し込んで使う流れになりますが、どの会社の、どのプランに申し込むのが一番ベストと言えるのか見ていきましょう。

シンプルに言うと、何を最も重視するかが明確になっていると選びやすくなりますね。

とにもかくにも安さを求めるなら「安さ」を前面に売り出しているMVNOを、通話の機会が日ごろ多い方は、かけ放題等のオプションが充実しているMVNOを選ぶようにしましょう。

では、早速、とにもかくにも安さで選びたいと言う方は以下に注目です。

安さを最優先で選んでいく場合、当サイトが押したいのがLINEモバイルになります。

LINEモバイルはdocomoとSoftBank回線をカバーしてる格安SIMです。

LINEフリープラン1GBは通話SIMでも月額1296円~という料金が可能になります。

月額950円の10分電話かけ放題にも対応してますので電話も頻繁に使う機会があると言う方はよりお得に利用していただけます。

LINEモバイルの、もうひとつの強みとして「データフリー」機能がついてる点です。

これは各プランに対応したSNS等のサービスを利用する際にデータ容量を消費しないサービスになります。

日ごろからLINEをメインで使う方やInstagramに写真をアップする機会が多いと言う方はデータ容量の節約が可能になりますのでお勧めです。

DMMモバイルはdocomo回線をカバーしていて高速通信なしのプランであれば通話SIMが月額1232円~使えます。

オプションで10分かけ放題も追加することができます(月額918円)。

そこで次に各社の「かけ放題オプション」に着目してみたいと思います。

かけ放題プランに注目するなら下記を参考に!

まず国内通話3分かけ放題についてBIGLOBEモバイル・IIJmio・U-mobileについて月額料金等見ていきましょう。

  1. BIGLOBEモバイル→BIGLOBEでんわ、月額648円(国内通話1回あたり3分以内)
  2. IIJmio→通話定額オプション、月額648円(国内通話1回あたり3分以内)※同一mioID間は定額対象の時間が10分に延長
  3. U-mobile→U-CALL MAX(U-mobile MAX25GBのみ)月額540円(国内通話が1回3分以内で50回まで)

国内通話5分かけ放題についてb-mobile・TONEモバイル・J:COM MOBILEの3社のプランを見ていきましょう。

  1. b-mobile→通話5分かけ放題で月額が540円(国内通話1回あたり5分以内)
  2. TONEモバイル→090電話かけ放題オプション月額810円(国内通話1回あたり5分以内)
  3. J:COM MOBILE→月額918円で5分間かけ放題(国内通話1回あたり5分以内)

国内通話10分かけ放題が充実してる16社に関して以下に紹介していきます。

  1. @モバイルくん。→月額1080円のモバイルくんでんわ10分かけ放題、プラン名通り(国内通話1回あたり10分以内)
  2. IIJmio→月額896円国内通話1回あたり10分以内※同一mioID間は定額対象の時間が30分以内に延長
  3. イオンモバイル→月額918円で国内通話1回あたり10分以内
  4. スマモバ→スマート通話定額プレミアム月額918円、国内通話1回あたり10分以内
  5. OCNモバイルONE→月額918円で国内通話1回あたり10分以内
  6. BIGLOBEモバイル→BIGLOBEでんわ月額896円で国内通話1回あたり10分以内
  7. DMM mobile→月額918円で10分かけ放題、国内通話1回あたり10分以内
  8. DTI SIM→おとくコール10、月額886円国内通話1回あたり10分以内
  9. Fiimo→Fiimoおトクでんわ10分かけ放題、月額918円、国内通話1回あたり10分以内
  10. LINEモバイル→10分電話かけ放題、月額は951円、国内通話1回あたり10分以内
  11. LIBMO→10分かけ放題で月額は918円国内通話1回あたり10分以内
  12. LinksMate→10分かけ放題で月額は918円、国内通話1回あたり10分以内
  13. mineo→mineoでんわ10分かけ放題で月額は918円、国内通話1回あたり10分以内
  14. NifMo→NifMo 10分かけ放題で月額は897円、国内通話1回あたり10分以内
  15. 楽天モバイル→月額918円楽天でんわ10分かけ放題by楽天モバイル(組み合わせプラン)国内通話1回あたり10分以内
  16. QTmobile→月額918円、10分かけ放題、国内通話1回あたり10分以内

これ以外の通話プランもありますので併せて紹介します。

上記以外の通話プランを展開してるのは以下の4社です。

  1. OCNモバイルONE→月額918円で国内通話料上位3番号の通話料が0円になるトップ3かけ放題同じくOCNモバイルONEが展開するプランでかけ放題ダブル→月額は1404円で国内通話1回あたり10分以内&国内通話料上位3番号の通話料が無料。
  2. スマモバ→スマート通話定額60、月額430円で国内通話1回あたり1分以内:1日50回まで可能
  3. Y!mobile→スーパーだれとでも定額(スマホプランS・M・L)月額1080円、国内通話が時間も回数も無制限でかけ放題
  4. @モバイルくん。→モバイルくんでんわかけ放題ダブルは月額1620円で国内通話1回あたり10分以内&国内通話料上位3番号の通話料が無料。

ご自身の優先順位が決まりましたら契約に必要なものを揃えて行きましょう。

格SIMの契約に必要なもの

格安SIM会社によってはデビットカードや口座振替等で契約できたり、本人確認の為に求められる書類が異なる事も珍しくありませんので契約する先の注意事項などは熟知してから契約しましょう。

まず、データ専用のSIMを契約しようとする場合と音声通話SIMを契約しようとする際に必要になるのが下記の3点です。

 

  1. 本人名義のクレジットカード
  2. メールアドレス
  3. 本人確認書類(運転免許証等)

なお音声通話SIMに新規ではなくMNPで乗り換えると言う場合はMNP予約番号を発行しておく必要があります。

なので、MNPで乗り換える場合必要になるのは以下の4点です。

  1. 本人名義のクレジットカード
  2. MNP予約番号
  3. メールアドレス
  4. 本人を確認できる書類

iPhone SEを格安SIMで賢くお得に組み合わせよう

ここまでiPhone SEと格安SIMのおトクの組み合わせを探ってきましたが大手キャリアより半分以下の月額料金で使えると言う点が明確になりましたね。

後は自身の日ごろの利用形態と照らし合わせて、お得に快適に利用できるMVNOを選びましょう。

-iPhone, iPhone, 格安SIM, 端末
-

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド