その他関連情報 格安SIM

格安SIMに乗り換えるならポイントを賢く貯めちゃおう

格安SIM乗り換えた際に貰えるポイントは、どう活かされるの?

賢い貯め方とかってあるの?「買い物」に伴うポイントって、イマイチ正しく賢く利用・貯められているか判らないですよね。

という事で今回は賢いポイントの貯め方に迫っていきたいと思います。

ポイントが貯まるSIMサービスを紹介

家計を切り盛りしている奥様方には是非着目して頂きたいことがあります。

昨今、ショッピング等の際にも利用できるポイントがザクザク貯められちゃうSIMサービスが登場しています。

ポイントは月々の支払額に応じ付与されるといったパターンが多くなっていますね。

スマホの場合、大半が一度契約を結べば数年間は継続することになりますのでトータル的に見た時、相当のポイント数になりますね。

まず楽天モバイルの場合を見ていきたいと思います。

楽天モバイルのポイント付与状況

楽天モバイルと言えば、皆さん浸透しつつあるかもしれませんが何と言っても「UN-LIMIT」ではないでしょうか。

他のコーナーでも詳細をまとめましたが、思い切ったプランを打ち出していますよね。

楽天回線のエリア内であればデータ通信は無制限、且つかけ放題も付いてくる♪

更に目を引くのが通常では考えられない価格設定ですね。

そしてポイント付与の面でも着目しているなら楽天モバイルを絶対に候補に入れましょう。

知っている人は知っている、ザクザクとポイントを稼げる様々な特典が用意されています。

なんと楽天モバイルで契約しているだけでSPUによる楽天市場のショッピングでもらえる楽天ポイントが+1倍になります。

またポイントがもらえる期間限定のキャンペーンも頻繁に行われていますのでアンテナは張っておきましょう。

例えば、今は終了してしまったキャンペーンですが過去には初期費用分がポイント還元されたり、これまで使っていた古い端末をお売りいただく事でポイントを貰えたりするキャンペーンがありました。

さて、そうして貯めたポイントですが勿論「楽天スーパーポイント支払い」を使い楽天モバイルの支払いに充てていただく事も可能となっています。

事前に支払いに回すポイント数を指定しておけば毎月自動で充当してくれる機能を備えています。

これは一度設定指定して頂ければ以降、全く意識する必要がないので便利ですね。

Y!mobileのポイント付与の現状

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドですね。

Y!mobileの特徴としては通話無料サービスですね。

よく通話するというユーザーさんには重宝するのではないでしょうか。

キャンペーンや割引制度が充実しているので通話も沢山したい!でも大手キャリアより利用料金を安く抑えたいといった希望を上手くカバーしていますね。

ただ、ネックな点もありますよね。

皆さんも感じていると思いますが料金体系が複雑で判り難いと感じた経験、ありませんか?

良くわからないまま安いからと安易に契約するのではなく、理解できるまでしっかり説明を聞いて後悔が無いように使い始めてコスパをコントロールしましょう。

因みにY!mobileの「スマホベーシックプラン」にはYahoo!Japanの有料サービス「Yahoo!プレミアム」(月々¥462)と同レベルのサービスを受けることができる「Yahoo!プレミアムfor Y!mobil」がセットでついています。

この特典によってYahoo!ショッピングや日用品の通販サイトで通常Tポイント1%に+PayPayボーナスライト4%が貰えるようになります。

こういった所を利用して買い物して頂くだけで大きな還元を得ることができます。

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」には、特典が、まだまだ沢山あります。

飲食店の割引クーポンは勿論、コンビニの抽選プレゼントやネットサービスの割引など、ただ中には期間限定のものもありますので、その点、気を付けましょう。

BIGLOBEモバイルはポイントは、どうなってる?

BIGLOBEモバイルのプランは音声通話ありとなしで、5~6種類から選んでいただけます。

例えば通話サービス「BIGLOBEでんわ」の通話定額オプションだったりYouTubeなどエンタメ系アプリがカウントフリーになる「エンタメフリーオプション」等が提供されているのが魅力となっています。

BIGLOBE通信サービスにはGポイントやクーポンが貰えちゃう特典付き。

その仕組みに迫ってみたいと思います。

ぴっぷるメンバープログラムとしてまとめられています。

「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ダイヤモンド」といった具合で5段階のグレードが設けられていて、そのグレードは継続年数が長ければ長いほど、通信サービス利用数が多いほどあがるようになっています。

獲得可能なGポイント数はブロンズなら利用料金の0.4%、シルバーなら0.7%、ゴールドなら0.8%、プラチナは1.0%、ダイヤモンドなら1.2%となっています。

クーポンは500円~2000円分の「音声通話SIM新規申し込みクーポン」「端末申込クーポン」1~2GBのパケットクーポンを用意してユーザーさんを待っています。

正直、グレードが下の時は、お得度も低めですね。

お得度をより実感したい場合はグレードを上げて頂くのが一番ですね。

BIGLOBEの他の通信サービスと併せて契約し、且つ長期間利用して頂くとグレードが上がります。

では次にTONEで貯められるお徳のポイントについて見て行きましょう。

TONEモバイルの有意義なポイントの貯め方と使い方

TONEではTポイントが貯められて有意義に利用して頂けます。

そのTONEモバイルはfreebit mobileから生まれ変わる形で誕生しましたね。

ここでちょっと、TONEに生まれ変わる前のfreebit mobileについても迫っていきたいと思います。

フリービットは「切れ目も無い滑らかなユーザー体験」をコンセプトに、モバイルのこれまでにない全く新しい仕組みの実現を目指し、2013年の冬にスマートフォンキャリア事業へ参入しました。

既存の大手キャリアと鎬(しのぎ)を削る中で独自の直販型ビジネスモデルにより新たなモバイルブランドを確立しシンプルで判りやすい料金プランと直営店の設置、そして安心安全のフルサポートを提供し、努める中、ユーザー利用満足度アンケートでは堂々の80%以上を獲得しました。

その後、直営販売店「ATELIER」1号店を福岡市天神にオープンさせるなどし、翌年の夏には日本初となるスマートフォンのテレビショッピングを行い、同年7月31日には同じく日本初となるスマートフォンのラジオショッピングを行いました。

その後、エイブルと業務提携が行われ2015年の1月にはフリービットモバイル株式会社が設立されました。

しかし、程なくドリーム・トレイン・インターネットのfreebit mobile事業をフリービットモバイル株式会社に譲渡。

フリービットモバイル株式会社の社名をトーンモバイル株式会社に変更。

同年5月にサービス名を「TONE」に変更しTSUTAYA店頭での販売を順次開始しました。

ちょっとポイントの情報から脱線してしまいましたが、改めてポイントについて見て行きましょう。

TONEはTのスマホとして端末料金・月額料金に応じTポイントを貯めていくことが出来ます。

※比率は200円につき1ポイント。

Tポイントは皆さん周知されている通り、いろんな場面で重宝するポイントになっています。

Tポイントは提携先も色々で気軽にポイントをためたり、貯めたポイントを有効活用したり使い勝手の良いポイントですよね。

TONEで得られるポイントそのものは他社と比べ多くは有りませんが幅広い場面でポイントを使えるメリットがあります。

因みにポイントを意識しているのであれば「ヤマダニューモバイル」も検討して損はありません。

早速その概要に迫っていきましょう。

これはヤマダ電機とU-mobileが展開するSIMになります。

ヤマダ電機とU-mobileが共同出資して立ち上げたY・U_mobile株式会社が運営する格安SIMのモバイル通信サービス

月に3.3GBだったり5.3GBだったりといったように少し多めの高速通信データが使えるプランが特徴ですね。

また月額¥800で「10分かけ放題オプション」が付けれます。

Webは勿論、全国のヤマダ電機・そのグループ店に於いても、相談・申し込みが可能です。

どういったサービスか簡単に説明したいと思います。

まず、月々の通信利用料に応じ「ヤマダポイント」として利用料の1%が還元されます。

「ケータイde安心」もしくは「ヤマダLABIカード」のポイントとして貰えます。

貯めたポイントは勿論、ヤマダニューモバイルの月額料金の支払いに利用して頂けます。

また、ポイントの共通化を行って頂くことでネットショップの「ヤマダウェブコム」でもお使いいただけるようになります。

また、折角貯めたポイントは利用料金の支払いに活かしたい!他のポイントや電子マネーにも交換したい!という方に対しては当サイトはOCNモバイルONEを推奨します。

NTTで運営されているOCNモバイルONEですが、こちらはgooポイントサービスと連携しています。

OCNモバイルONEの支払いで毎月なんと40ポイントが貯められちゃいます。

また、別途ポイントが付与されちゃう美味しいキャンペーンもちょくちょく実施されていますので情報収集をマメに行いお得に利用しましょう。

因みにgooポイントは楽天スーパーポイントなど、他のポイントへの交換は勿論Amazonギフト券だったり電子マネーへの交換も可能となっていますので使い道の選択肢が広がります。

※OCNモバイルONEプリペイドはポイント加算の対象外です。

そんなOCNの特徴・強みを今一度簡単に紹介したいと思います。

OCNモバイルONEは安定した通信速度と信頼できる格安SIMとして知られていますね。

初心者にも優しい便利な機能も揃っています。

そして日別コースといった珍しいコースも設けられていますのでデータ通信を使う人には向いているプランですね。

そして、もう一つ忘れてはいけないのがIIJmioを愛用している方にも是非着目して頂きたいのがこちら、BIC SIMです。

BIC SIMってどんなSIM?

BIC SIMなら月々の携帯利用料金の支払いにビックポイントが使えます。

一見、BIC SIMとIIJmio、関係ないように思うかもしれませんが、下記に解説しますのでお付き合いください。

まず、BIC SIMを契約したユーザー様はビックカメラポイントの「ビックポイント」を使い月々の利用料金の支払いに充てることが出来ます。

1ビックポイント1円として換算し利用して頂けます。

毎月21日から翌月20日までの期間に手続きされたポイントが翌々月の請求にご利用いただけます。(翌月分の利用料金)

その利用方法を紹介します。

まずビックカメラ.comに会員登録しましょう。

登録後、自分のmioIDと連携してください。

そして使用するビックポイントを入力していただくだけです。

これでBIC SIMなら無駄なく便利に携帯料金の支払いをしていただけます。

これらの流れについて、もう少し詳しくまとめます。

IIJmioの会員サイトよりビックポイントの利用手続きをしてください。

※BIC SIM若しくはビック光のいずれかの契約が1契約以上必要となります。

※ビックポイントは1ポイントから何度でも申請して頂けます。

利用のためのポイントを簡単にまとめます。

  1. ビックカメラ.comに会員登録する
  2. IIJmioのサイトにログイン
  3. 会員サイトからビックカメラ.comで利用設定を行う

ただ、実際に貯めたポイントを支払いに使うために、まだ行う事が有ります。

ページ内にある「ビックポイントの利用手続き」の項目からポイント利用手続きという項目を選んでください。

ビックカメラ.comの会員IDを認証して頂きポイント利用選択後の画面内に表示される「利用手続き」のボタンをクリックします。

その後、ビックカメラ.comにログインして利用したいポイント数を入力しましょう。

注意事項に目を通し問題・不安が無ければ「利用する」をクリックして完了です。

-その他関連情報, 格安SIM

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド