格安SIM

実店舗を構える格安SIMの中から選ぶならどこが良い?

昨今、オンラインショップがだいぶ普及していますが、それでも相手が見えない所で買い物をするのは不安ですよね。

とくに格安SIMは失敗すれば間違いなく後悔につながるので尚更ですね。

こういう買い物は実店舗で行いたい!という方も居るのではないでしょうか。

そう考えるのは、とても自然なことではあるのですが、格安SIM事業者で実店舗を構えている所は、まだまだ少ないのが現状ですが、今回は実店舗を構えている格安SIM事業者を詳しく見ていきましょう。

実店舗を構える格安SIM事業者は次の通りです

あくまで管理人が把握している範囲となります。

  1. IIJmio
  2. イオンモバイル
  3. OCNモバイルONE
  4. nuroモバイル
  5. mineo
  6. U-mobile
  7. UQモバイル
  8. 楽天モバイル
  9. LINEモバイル
  10. Y!mobile

把握しているのは上記10店舗になります。

この10店舗につきまして簡単に概要をまとめたいと思います。

1. IIJmio全国に200店舗以上MNP、新規契約、即日お渡しに対応
2. イオンモバイル全国に200店舗以上新規契約・MNP・シムカード・端末即日お渡し、プランの変更・修理受付等、アフターサービスに対応
3. OCNモバイルONE全国で100店舗以上音声対応SIMカードの即日受渡やMNP転入・容量シェアの申し込みに対応
4. nuroモバイル把握できず新規契約・ネットワークやメール設定等に対応
5. mineo全国に120店舗以上新規契約・機種変・初期設定のサポート
6. U-mobile把握できず新規契約・MNP
7. UQモバイル全国で100店舗以上新規契約・機種変・UQWiMAXの新規契約・機種変※UQコミュニケーションズの契約者のみ
8. 楽天モバイル全国で180店舗以上新規契約・機種変・MNP乗り換え・契約済み端末の即日受け取り等に対応
9. LINEモバイル全国で600店舗以上新規契約・MNP・即日渡しに対応
10. Y!mobile全国に1000店舗以上新規契約・機種変・契約内容の変更・修理受付・解約・支払い、一部店舗では下取りにも対応

上記で実店舗と紹介しましたが、独立型の自社の看板を掲げている所は勿論、家電量販店等の中に入っている店舗も実店舗としてカウントしています。

まだ明確に、どこの格安SIMにするか決めかねている場合は家電量販店に行ってみることをお勧めします。

ただ、契約・購入後の、いわゆるアフターメンテナンスに対応していないケースも珍しくありませんので気を付けて下さい。

アフターメンテナンスが受けれない点について納得できましたら、次に店舗にて契約する場合、必要になる物について把握しましょう。

  • 免許証等の本人確認が取れる書類
  • 支払いに使う本人名義のクレジットカード
  • メールアドレス(呼び出しの為)
  • 格安SIMに対応している端末
  • MNP予約番号

因みに本人確認の免許証やMNP予約番号等は納得できるかと思いますが、呼び出しの為のメールアドレスがよく判らない!という方も居るのではないでしょうか。

これ、実は待ち時間解消策の一つです。

長い待ち時間、その場に居なくても、自分の番が回ってくるまでの待ち時間を利用して他の用を済ませたいと考える方は呼び出し連絡を確実に受け取れるメールアドレスを事前に用意しておきましょう。

ネットでも普通に問題なく買えるMVNOを敢えて店舗でと検討している方が得られるメリットについて見ていきましょう。

格安SIMを実店舗で契約するメリット

昨今、3つの密の条件が揃いやすい場所ではコロナ感染のリスクが高くなります。

こんな状況ですのでネット上で気軽に買い物というスタイルの方が望ましいかと思いますが、それでも格安SIM初心者であれば、やはり実店舗で契約する事にメリットがあります。

では具体的には、どんなメリットを伴うのでしょう。

  1. 即日契約可能なら、その場ですぐにスマホが受け取れる
  2. 店舗限定の特典を受けれることも♪
  3. 疑問が出てきた場合、直ぐにその場でスタッフに確認出来る
  4. 実際に端末を見たり触ったりしながら選べる

やはり格安SIM初心者には、安心な要素ばかりですね。

端末の使い勝手を直に体感できたり、疑問・不安な点が出てきたら、その場でスタッフに確認出来るメリットは大きいですね。

ネット上で端末の写真を幾ら眺めても使い勝手の良さや操作のし易さは把握しきれませんね。

やはり格安とはいえ、数万円の安くない買い物をするわけですので購入前に使いやすさ等の使用感を確実に把握しておきたいですよね。

もう一点、嬉しいのが、その場でスマホが受け取れる点ですね。

ネットで契約した場合、指定した住所へ端末が届くまで数日を要してしまいます。

直ぐに操作できるスマホが欲しい!という方は店舗での契約を前向きに考えて損はありません。

ということで実店舗にて格安SIMを契約する場合に体感できるメリットについて、大まかにまとめてきました。

格安SIMの契約を実店舗で行う上でのデメリットと、その解消法

実店舗で契約するにあたり、メリットがある一方でデメリットもあるので併せて解説します。

  1. 選びたかった端末はネット上でしか扱っていなかったという問題
  2. Web独自のキャンペーン等は適用外になる問題
  3. アフターサービスに充分対応できない実店舗がある問題
  4. 店舗数が少ない為、混雑する問題

まず、これらのデメリットが生じる事を承知・把握した上で快適に実店舗を利用していただければと思います。

実店舗で契約する前に下調べでネットで検索するという方、多いと思いますが、よく確認して頂くとWeb限定販売を謳ってる機種もあります。

また、本来は店舗で購入できる端末も在庫切れというケースもあるかもしれませんので、二度手間三度手間を避ける為にも、実際に店舗に端末の在庫が有るか事前確認を行いましょう。

そしてキャンペーンもネット上で契約した場合のみ適用になる物も多数あります。

当然ですがWeb限定の特典は店舗にて契約して頂いた場合も対象外、特典を受けられませんので気を付けて下さい。

店舗限定の特典とネット限定の特典、どちらが自分にとってメリットなのかを判断基準に、契約方法(ネットか店頭か)選びましょう。

そして、この時期、特に神経質になりがちですが、店頭で混雑が生じる可能性があります。

店舗数が少ない場合、どうしても混雑する可能性が出てきます。

特に仕事が休みになる土日は混雑する傾向にあります。

せっかくの土日を何時間も費やすのが嫌という方はネットから申し込むことを推奨します。

ということで、店舗契約を進める上で得られるメリット、店舗契約で生じるデメリットをまとめていきます。

3密でコロナ感染のリスクを避けたい・時間を有効に使いたい方は実店舗へ出向くよりWebで申し込む事を推奨します。

実際に端末を見て触って判らない部分はスタッフに確認しながら契約したい人は店頭で色々気を付けながら選びましょう。

店舗契約でもWeb契約でも、以下のMVNOなら後悔が少ないと思われるので参照ください。

楽天モバイル

Y!mobile

mineo

UQモバイル

大手キャリアに比べて、MVNOの場合、まだまだ店舗数が少ないですが、どうしてもWeb上での手続きには不安があるという方は、実店舗を適宜利用しましょう。

 

-格安SIM

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド