その他関連情報 格安SIM

格安simのローミングについて解説海外に行く機会が多い方は必見!

今回は海外によく行くという方には特に注目して欲しいと思います。

愛用するのは格安SIM、且つ仕事や趣味の旅行で頻繁に海外に行くという方は必見です。

国際ローミングサービスについて、そして、そもそも国際ローミングに対応した格安SIMが有るのか等、詳しく見ていきましょう。

そもそも国際ローミングとは?

国際ローミングは正直、海外に縁がないという人には、そもそも、こう言ったキーワードを見聞きする機会さえ少ないかもしれません。

冒頭でも述べましたが、海外に行く人にとっては相応に重要視すべき点になってきます。

国際ローミングは海外に行った際、自分のスマホを引き続き快適に使う上で重要になります。

海外に行っても当然、スマホやパソコンは快適に使いたいですよね。

海外で快適に使うための方法は二通りあります。

  1. 街中・ホテルなどのWi-Fiスポットを利用する
  2. 携帯電話会社のサービスを利用する

この、携帯電話会社のサービスを利用することを「国際ローミング」と定義します。

ローミングは因みに「歩き回る・放浪する」といった意味になります。

日本で契約されているキャリアの端末を海外で利用する場合、キャリアが、その国や地域でサービスを提供している電話会社から回線を借りて契約している利用客にサービスを提供する流れになります。

この際の利用料金に関しては実際に利用した国の携帯電話会社から日本での契約先であるキャリアに請求が届き、利用者に請求が届く仕組みです。

では併せて国際ローミングに於ける課金の仕組みについても触れておきたいと思います。

国際ローミングにも音声通話とデータ通信の二種類があります。

早速、順に、まず音声通話の場合から見ていきましょう。

例えば海外出張中の旦那さんが日本に残してきている奥様に電話をした場合を例に解説します。

日本の携帯電話会社の契約者(海外出張中)が海外から国際ローミングを利用して日本にいる奥様に電話を掛けたと想定した時。

利用者は日本の携帯電話会社が定めている国際ローミング利用料金を負担して日本で契約している携帯電話会社は海外の携帯電話会社網の利用料金を支払う事になります。

 

因みに音声通話となりますので国内で旦那さんからの電話を受けた奥様の通話料の負担というのは有りません。

では日本国内にいる奥様が海外に居る旦那さんに電話をするという逆のパターンだった場合、どうなるのでしょうか。

奥様が日本の携帯電話会社の国際ローミングを利用し海外に居る旦那さんに電話をした場合、奥様には国内通話料のみ請求されます。

旦那さんは電話を受ける場合であっても海外の携帯電話会社の通信網を使うわけですから海外の携帯電話会社が定める国際ローミング利用料金を負担することになります。

旦那さんが電話を受信する側であっても海外に居る旦那さんに電話料金の負担が発生します。

何か釈然としないと思うかもしれませんが、これが現状になります。

また、ネットのデータ通信を使ってビデオ通話や音声通話・チャットなどが可能な無料通話アプリ(スカイプ・ライン等)が普及していますが、海外からの通話の際も無料アプリを利用したはずなのに思いのほか高額請求されたというトラブルも少なくありません。

何故、高額請求の事態に陥ってしまうのでしょう。

原因として挙げられるのは無料通話アプリをネットにつなぐ際のデータ通信料にあります。

ネットに接続する際に現地の無料Wi-Fiではなく国際ローミングで接続してしまうと従量制課金となりますので大半の国際ローミングでは高額請求が来てしまいます

特に動画・音声の送受信に関してはデータ量が相応に膨大になるため注意が必要です。

では、安心して日本で契約している携帯を海外で利用する方法はないのでしょうか。

いいえ、もちろんあります!

よほど型の古い物でないのであれば今、広く扱われている端末の場合、殆どが国際ローミング対応のしようとなっていてSIMカードを差し替える必要もなく、そのまま海外で安心して利用できるようになってます。

便利である一方、料金形態を把握せず安易に使ってしまうと帰国後にとんでもない高額請求を受ける事態に陥りますが、そうならない為の対策として海外の電話会社と個別に提携しパケット定額制にするなどして対応しています。

ただ、提携国、提携の携帯電話会社は限られているので海外旅行など予定している方は滞在予定の国の回線も事前に確認してから出国しましょう。

併せて注意して頂きたい点としては国際ローミング定額制の場合でも自動接続設定になっていると利用している地域内の近くの基地局に勝手につながってしまう為、自分が契約しているキャリアではない携帯電話会社の回線に接続してしまう事があります。

こういったトラブルに遭遇しない為にも海外に行く際は手動で接続先を選択して利用するようにしましょう。

格安SIMでも条件が揃えば国際ローミングで通話・SMSが使える

格安SIMを愛用中だけど割と海外に行く機会が多いという方は安心して下さい。

格安SIMであっても条件を整えることができれば国際ローミング(海外で自分のスマホを使う)で通話したりSMSを送受信することができます。

では早速、格安SIMで国際ローミングを利用するための条件に迫ってみましょう。

格安SIMで国際ローミングを利用するための条件

重要になってくるのは契約している回線のタイプです。

格安SIMの場合は大手キャリアのいずれかの回線を借り受けて運営されていますね。

海外によく行くという方は国際ローミングが可能な回線を選びましょう。

そして、契約しているSIMカードの種類になります。

また、すべての端末が海外で使えるわけではないので気を付けましょう。

結論を述べると国際ローミングに対応した回線・SIMカード・端末を選んでいただければ格安SIMであっても海外で通話もSMSの送受信も可能になります。

因みにデータ通信の部分は、どうなっているのでしょう。

データ通信が出来るなら非常に便利だと思いますが、残念ながら格安SIM・格安スマホの場合はデータ通信が出来ない事が大半です。

データ通信は諦めて頂く方が無難です。

では海外で格安SIMでデータ通信を行おうとする場合についてまとめたいと思います。

右も左も解らないような海外では、当然ですが地図やネットでの情報収集が必要不可欠になりますね。

そんな状況下でデータ通信が使えなかったりすると不便極まりないですよね。

でも国際ローミングとは、また異なる方法で格安スマホであってもデータ通信を行うことができます。

国際ローミングでのデータ通信は高額になりやすいですので、お得に格安でデータ通信を行う方法を紹介します。

冒頭でも紹介した通り、Wi-Fi環境下でデータ通信を行う方法です。

日本から持って行った格安SIM・格安スマホであってもWi-Fiの規格というのは全世界共通となっていますので、そのまま海外のWi-Fiスポットを利用する事ができます。

日本国内で無料で使えるホテル・空港・カフェなどのWi-Fi同様快適に無料で使えますので積極的に利用しましょう。

でもここでWi-Fiスポットを探しながらだと結局データ通信を行える場所が限定的になってしまうのでは?という新たな不安も出てきますよね。

そこで、対策として併せて勧めたい方法が現地で扱われているプリペイド式のSIMカードを買って利用していただく方法です。

格安スマホの場合SIMフリーになっていますので海外に対応したスマホであれば現地で購入するSIMカードをそのまま利用することができます。

多くの国でプリペイドのSIMカードの取り扱いがありますので、従来、日本でお使いになっていたSIMを取り出し、海外で利用予定のそのSIMカードを自身がお持ちの端末に挿し込めば安心してデータ通信をご利用いただけます。

海外のプリペイド式のSIMカードは比較的安価で購入できますし使いすぎた所為で後に高額請求されるという事もありませんので適宜、必要に応じ安心して利用できます。

格安SIMを用いた国際ローミングの使い方を解説

格安SIMで国際ローミングを使用する為の使い方と流れをまとめたいと思います。

通常、格安SIM・格安スマホの国際ローミングはデータ通信には対応していません。

なので現地のプリペイド型SIMカードを購入して、今お使いになられている端末に装着するという方法で対応しましょう。

早速、現地で調達したプリペイド式SIMカードでデータ通信を行う方法を見ていきましょう。

まず、現地についたら最初のステップです。

現地でプリペイド式のSIMカードを買いましょう。

プリペイド式のSIMカードはコンビニや空港で販売されている事が大半ですので、知らない地でコンビニを探すのも大変ですので空港で探して購入しておきましょう。

また、購入しようとしているSIMカードが自分のスマホに対応しているか確認しておきましょう。

プリペイド式のSIMカードにも「音声通話SIM(データ通信も可)」と「データ通信専用SIM」があるので購入時は間違えないように気を付けてください。

また使用できる通信容量も重要になってきますので、その辺も意識してSIMカードを選びましょう。

中には使用できる日数で選べるタイプのSIMカードもありますが、万が一既定の通信容量を超えてしまうと一気に通信速度が低下します。

慎重にSIMカードを選んで購入したら、早速そのSIMカードを端末にセットしましょう。

※最初から入っていた日本国内で使っていたSIMカードは帰国後使う物ですので絶対に無くさないように厳重に保管しておいてください。

SIMカードの入れ替えが済んだら「APN設定」を行いましょう。

よくわからないという方はスマホ設定画面の「取扱説明書」などを参考に行ってください。

※現地のSIMカードを使っている間は、そのSIMカードの電話番号は変わっています。
電話番号はスマホ本体ではなくSIMカードに記録されているものですので、こういった現象が起きます。
因みにLINEやSNS、メールアドレスに関しては、引き続き自分のものを、そのまま利用することができます。
仮に自分が海外にいる間に誰かと連絡を取る必要がある・取りたいという場合は事前に渡航中の電話番号を知らせておきましょう。

では格安SIMで国際ローミングを使用する為の手順をまとめます。

step
1
渡航先の空港・コンビニでプリペイド式のSIMカードを購入する

step
2
現地で使うためのSIMを端末に挿入(最初に入っていた日本で使っていたカードを厳重に保管)

step
3
APN設定を行いましょう

これで快適に海外に於いて携帯を利用できます。

海外も安心!格安simの国際ローミング設定 iphone設定方法を紹介

国際ローミングの為の設定と一言で言っても、iPhoneとAndroidでは、その流れが若干違ってきますので解説していきたいと思います。

まずはiPhoneでの国際ローミング設定方法を紹介します。

step
1
設定をタップ

step
2
キャリアをタップ

step
3
自動の項目を「オフ」にする

step
4
LTE対象事業者を選択

step
5
設定をタップ

step
6
ホーム画面に戻ってくる

step
7
設定をタップ

step
8
モバイルデータ通信をタップ

step
9
「4Gをオンにする」の項目で「オン」に合わせる

step
10
データローミングをオンにする

これでホーム画面に戻ると左上に選択したLTE対象事業者が表示されると思いますが、表示されていれば、設定は、これで完了です。

国際ローミング設定方法、Android版

step
1
設定をタップ

step
2
その他の設定をタップ

step
3
ネットワークの設定をタップ

step
4
モバイルネットワークをタップ

step
5
通信事業者をタップ

step
6
LTE対象事業者を選択

step
7
「データローミング」「4Gを利用する」の項目をオンにする

Android版の設定は、これで完了になります。

国際ローミングを利用する場合の注意点

格安SIMであっても国際ローミングは可能という事は上記で述べましたが、では、その注意点等にも気を付けておきたいですよね。

注意点等も先に簡単に述べましたが、こちらのコーナーで改めて詳しくまとめておきたいと思います。

  1. 回線タイプ・SIMの種類により国際ローミングが使用できない
  2. 国際ローミングを利用したい場合は海外に対応したスマホが必要
  3. 格安SIM事業者によっては事前に申し込みが必要な事もある
  4. 端末の事前設定が必要
  5. 通話料金もSMS送受信料金の体系も大きく異なる

という事で上から順に解説したいと思います。

説明が重複する部分も有るかと思いますがお付き合いいただければと思います。

国際ローミングの使用が可能か否かは契約されている回線のタイプとSIMカードの種類により決まります。

国際ローミングが利用できるタイプとしてはドコモ回線のDタイプとau回線を利用しているAタイプのみとなっています。

一方でソフトバンク回線を借り受けて運用されているタイプ(QTモバイルではSタイプ)は基本的に国際ローミングに対応していません。

格安スマホ・格安SIMの場合は国際ローミングが使用できるのは「音声通話SIM」のみで「データSIM」や「データSIM+SMS」では出来ません。

また、海外に対応した端末が必要となります。

回線のタイプとSIMカードが国際ローミングに対応した物であっても端末が海外に対応していないと通話やSMSの送受信が出来ないので気を付けましょう。

もし、ご自身がお持ちの端末が海外対応仕様になっているか判らない場合はメーカーのWebサイトなどで確認できます。

格安SIM事業者によっては事前の申し込みが必要になる点も把握・注意を要する点ですね。

事業者によっては国際ローミングをオプションとして用意されており、使用を希望する際には事前に申し込む必要がある場合があります。

また、申し込んでもすぐに利用可能となるわけではないので事前に分かっている場合は早めに申し込みましょう。

※事前の申し込みが不要のMVNOもあります(例えばQTモバイルなどがそうです)。

そして端末の事前設定もしっかり行っておきましょう。

端末を国際ローミングで使用するために事前の設定が必要になります。

設定方法に関しては各自取扱説明書を参照するかサポートセンターに問い合わせましょう。

相応に条件を満たすことで国際ローミングで使用することができますが、料金の体系が大きく変わる事を念頭に置いておいて欲しいと思います。

国際ローミング利用時の通話料やSMS送受信料はどうしても、その回線を提供しているキャリアの料金に準じます。

「滞在国内向け」「日本向け」「諸外国向け」といったような形で区分されていくのが一般的で日本国内で使用する場合より使用料は高額になります。

また、掛かってきた電話を受ける側であっても通話料金が発生する点も気を付けましょう。

-その他関連情報, 格安SIM

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド