GB その他関連情報

噂の5Gってどんな世界?サービスはいつから?何が可能になる?

さて、最近巷では5Gというキーワードを耳にする機会が格段に増えました。

CMも度々流れていて何だか5Gという世界を体感できる日が待ち遠しいですね。

では、5Gとは、どんなサービスで何が可能になるのか早速迫っていきたいと思います。

5Gとは結局何?どんなサービスが利用できるの?

5Gは今年の春(2020年)にサービスが開始される予定の次世代ネットワークです。

この5Gという技術の登場で、我々ユーザーには、どんなメリットがあるのでしょう。

5Gとは第5世代移動通信システムの略ですね。

韓国やアメリカでは商用サービスが既に始まっていて次世代を象徴するテクノロジーとして動向が注視されています。

そんな5Gの登場は、具体的にどんなメリットが有るのか気になりますよね。

5Gで可能になってくる事や、実際の活用事例などにも着目していきましょう。

5GのGの部分は度々、当サイトでも解説してきましたが「Generation」の頭文字をとったもので、5世代目という事を表します。

では、ユーザーが受けれるサービスについて見ていきましょう。

例えばコミュニケーションの世界で色んな方と繋がりを持つ事が可能です。

現実の世界とネットの空間が融合するSociety5.0という考え方があるのですが、従来、インターネット空間にある情報やデータを人間が入手し、入手した人の手によって様々な処理が行われてきました。

けれどSociety5.0が実現されるとネット上にある膨大なデータをAIやロボットが自動的に処理を行ってくれるので人間の負担は大幅に低減されますね。

ビックデータとAI、lot等を活用しSociety5.0を実現する事により、完成・実用化が待たれる自動運転技術の実現や経済的格差の是正等、様々な社会問題を解決できるのではと期待されています。

5Gは、このSociety5.0を実現する上で欠かせないテクノロジーと言えます。

因みにSociety(ソサエティー)5.0は日本が提唱する未来社会のコンセプトです。

科学技術基本法に基づいて5年おきに改定されている科学技術基本法の題5期でキャッチフレーズとして登場しました。

仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムによって経済発展と社会的課題の解決の両立を期待される新たな未来社会をSociety5.0と提唱されています。

狩猟社会・農耕社会・工業社会・情報社会といった具合に、人類がこれまで歩んできた社会に次ぐ
第5の新たな社会をデジタル革新を最大限活用して実現するといった決意の表れでSociety5.0と
名付けられました。

5Gの恩恵いつから実感できる?

5Gの商用化は今年、2020年3月から開始予定となっていますね。

もうすぐです!楽しみですね。

この5Gというサービスの概要については度々メディアなどでも紹介されてきましたが、本当に予定通り今年3月から、そのサービスを受けることができるのか。

どういったサービスとコンテンツが提供されるのか気になる所ですよね。

気になる5Gのサービスは、どのような形で、3月のいつ頃スタートするのか。

国や企業はサービス開始に向けて、どういった準備を進めているのか早速、紹介させていただきたいと思います。

5Gサービスは段階的に行われる?

さて、気になる5Gのサービスですが、全国一斉に色んな分野でサービスの利用が出来るようになるわけではなく段階的になります。

5Gは2020年3月から、まず都市部を中心としてサービスの開始を目指しています。

今は商用化を間近に控えていますので情報通信各社がインフラ整備を整えている状況にあります。

でも、実は去年(2019年)プレサービスが実施されていたようですね。

本格的商用化を前に、それぞれ通信事業者がプレサービスを実施しました。

5Gに対応したスマホでないと恩恵を受けれない?

さて、5Gと巷を賑わせていますが、疑問に思う事はありませんか?

今愛用している端末で5Gサービスを利用できるのかという点です。

うすうす気づいているかもしれませんが、5Gサービスを利用するには5Gに対応した端末を用意していただく必要があります。

今、愛用されている端末を、そのまま5Gとして利用できるのかと言いますと、必ずしもそうではありません。

2020年2月現在、実は、まだ誰も5Gサービスを利用するための端末をお持ちになっていないというのが現状です。

5Gサービスに対応した端末の発売が始まるのは2020年3月を予定しています。

詳しい予定発売日等が確定しましたら随時紹介していきたいと思いますが、対応したスマホの発表はありましたね。

発表されたのはAQUOSのシリーズでしたね。

ハイエンドスマートフォン「AQUOS R5G」が発表になりましたね。

ハイエンドSoC「Snapdragon 865 5G」や、8K撮影に対応するクアッドカメラが搭載された、非常にスペックの高い1台になっています。

AQUOS R5Gってどんな端末?

早速AQUOS R5Gという色んな可能性を秘めた端末の概要に迫っていきたいと思います。

AQUOS R5Gは、まさに5G時代の幕開けを飾るのに、ふさわしい非常にスペックの高いモデルになっています。

AQUOS R5Gは「AQUOS R」シリーズの最新モデルですね。

因みに一個前のモデルは「R3」でしたね。

「R4」に関しては欠番となり、今回「R5G」として登場しました。

では早速端末のサイズを確認していきましょう。

サイズは幅、約75㎜、高さ162、厚さ8.9で総重量189gとなっています。

そんなボディーに3,168×1,440のクアッドHD+約6.5インチのPro IGZO液晶が搭載されています。

こちらのボディはIPX5/8等級の防水仕様・且つIP6X等級の防塵仕様をクリアしFelica・NFCポートを備えている他、生体認証とし指紋認証や顔認証に対応しています。

そんな注目の5G通信機能ですが、国内向けの周波数帯には完全に対応しており、6GHz帯以下の「Sub-6」「ミリ波」の両方で超高速データ通信が可能です。

そして5Gに加えWi-Fi6にも対応しています。

5GではWi-Fiが不要になる?!

5Gの登場でWi-Fiが不要になる?!そんな事、本当に実現するのでしょうか?早速色んな可能性を確認していきましょう。

5Gが本格実用化されてない現在、Wi-Fiは無くてはならないものになっています。

現在、Wi-Fiは我々が普通に生活するのにあたり、いろんな場所で使われています。

自宅でさえWi-Fiを便利に活用しているという方も多いのではないでしょうか。

オフィスや店内・ホテルは勿論、空港やコーヒーショップ、その他、色んな公共の場所でWi-Fiが使われています。

そもそも、Wi-Fiは、なぜここまで普及したのでしょう。

場所を選ばずネットを使いたいと言う時ワイヤレスが非常に便利になりますが、この際モバイルデータ通信で通信料金を抑えるためには通信速度制限がかからないように所定のモバイルデータ使用料を守る必要がある事が挙げられています。

簡単に言うと4Gでスピードが充分であっても動画を見続ける事で当然ながらデータ量が上限を超えてしまいますね。

そこでWi-Fiを上手に活用する事でデータ量を気にすることなく通信を行うという考えが一般化しています。

従来の流れは、上記の通りですね。

けれど、今度5Gが普及すれば、どうなるでしょう。

当然4Gより優れているわけですが、4Gより更に超高速・大容量・超低遅延・多数同時接続といった具合のモバイルデータ通信環境が実現します。

となると、必然的にデータ量の上限設定と、これに伴う速度制限といった部分に関しては今後、ゆくゆくは撤廃される可能性は充分にあるかと思います。

5GとWi-Fiの具体的な通信速度に迫ってみよう

いずれWi-Fiも不要になるかもしれない5Gですが、具体的にスピードは、どんな感じなのでしょう。

判り難い世界の話をしますが5Gの理論上の最大速度は20Gbpsです(ギガビット毎秒)。

日本で最も高速とされる4Gサービスと称されるNTTドコモの「PREMIUM 4G」の理論上の最大速度が1288Mbps(1Gbps越え)とされています。

ですから、5Gの20Gbpsが実現されれば桁違いの速さになる事は言うまでもありませんね。

ただ、この部分だけ着目すると凄いと思いますが重要になるのが実行速度が如何ほどなのかという点です。

有線の光回線は1Gbpsないしは2Gbpsと言われている中、現状としては下りの平均速度は85Mbps程度とされています。

この数値、体感的にエリア・時間帯共に条件が良く300Mbps前後、出ていれば相応に速いと感じるレベルです。

では5Gの実行速度についても迫っていきたいと思います。

アメリカの通信事業者がシカゴとミネアポリスに於いて「5G Ultra Wideband」という5G通信サービスを開始したのですが、数値上の話をしますと2019年4月に同サービスのエリア内で計測された5Gの実行速度は762Mbpsを計測したといわれています。

具体的数字で報告されてもピンとこないかもしれませんが、この762Mbpsという速度は光回線に頼る必要がないレベルと言えます。

対してWi-Fiにも複数の規格があって、その規格により通信速度は異なります。

現在のWi-Fiルーターの主流は多くのAndroidやiPhoneに対応している「11ac(IEEE802.11ac)」です。

理論上の最大速度は6.9Gbpsとなっています。

Wi-Fiの今の最速規格は「11ax」で、理論上の最大速度は9.6Gbpsとなっていて従来のWi-Fiと違い実行速度にフォーカスされた規格とも言われています。

5Gソフトバンク

ソフトバンクに於いては福岡ソフトバンクホークスと共同で新時代のスポーツ観戦に向けて挑戦を行いました。

5Gを用いて視点切替可能となる3Dパノラマ映像をVR空間で観戦しましょうという試みで2019年の3月に行われた、その企画は無事に成功を収めました。

5Gの特徴となる「高速・大容量」といった性能が最大限に活用され、VR観戦用のアプリで複数人が同時に観戦している感覚を疑似体験する事が可能になりました。

そんなソフトバンクに関して申し上げますと最初のサービス開始は、やはり都市部中心となり、随時、その後、エリアを拡張していく計画とされていて2021年、来年末までには人口カバー率90%達成を目標に掲げ確実にインフラ整備を進めていくとしています。

という事でこちらのコーナーでは5Gについてまとめてきました。

色んな可能性が広がる5G、楽しみですね。

5Gの利用料金、どれくらいの価格設定になる?

さあ、いろんな可能性が広がる5Gですが、どれだけ普及して料金設定は、どの程度と予想されるのか気になる所ですね。

正直今の段階で予想するのは難しいですね。

極端に高ければユーザーが離れてしまいますし、いい加減なことは言えませんが4Gと、そう変わらない価格帯で利用できる可能性も高いのではないでしょうか。

 

 

-GB, その他関連情報

© 2020 格安sim ポケットwifi スマホの価格比較と最新トレンド